ファインプレーに対する考え方が「180度」変わる話

石川県/バレーボール教室/LEAD

 

こんにちは!前田幸介です!

 

今日は、バレーボールのファインプレーについて、僕の考えを書きます。

 

このブログを読んだあなたは、もしかしたら、

ファインプレーに対する考え方が180度変わるかもしれません!

 

 

よく見かけるディガーのファインプレー

 

  • ギリギリのところを飛び込んでフライングレシーブ
  • フェイントボールをパンケーキ
  • 常に動いていて、存在感がある!

 

そんな選手を見て、

『おぉ!上手い!コートの中でずっと動いているな~!』と思ったことはないでしょうか?

 

しかし僕は、このようなファインプレーが多い選手は、

本当に上手な選手ではないと思っています。

 

 

ファインプレーが多い選手は、確かに運動神経がよく、技術もあるので、

ボールに飛び込んだり、常に動いていてもボールを上げられるんだと思いますが、

 

僕はそのようなプレーヤーを見ていると、「ムダな動きが多いな」と思いますし、

もっと簡単に上げられる方法があるんじゃないかと感じます。

 

 

僕が上手だと思うプレーヤーは、

準備が早く位置取りが上手な選手

そして、ファインプレーがなく違った意味での存在感がある選手です。

 

 

「違った意味での存在感」とは

 

例えばリベロならば、

  • 後ろからチームを鼓舞したり、ブロッカーへ的確な指示を出している選手
  • 1本1本みんなに声をかけている選手
  • 相手アタッカーのコースを分析し、トータルディフェンスができる選手
  • レセプションでは慌てず、失点がなく、なおかつ返球率がいい選手

 

僕は、こういった存在感を発揮できる選手が上手だと思います。

 

1本1本メンバーに声をかけ、鼓舞することで、

チームの志気を高め、チーム力も向上する。

 

相手のコース分析ができ、ブロッカーへの指示、他のディガーへ指示が出せる事で、

トータルディフェンスが成功し、他のメンバーもディグが上がるようになる。

そして、コートにボールが落ちなくなる。

 

 

ここで僕がいう『存在感』は、

表面的にはわからないものです。

 

準備が早く、位置取りも良いので、さも簡単にディグを上げます。

 

ファインプレーが少ないので、あまり目立たない選手と言えるかもしれません。

 

 

ですが、そういう選手こそが『縁の下の力持ち』であり、

チームを勝利に導くのです。

 

 

 

今日の話は、他のポジションでも同じです。

 

バレーボールは、点を多くとるスパイカーが目立ちやすいスポーツですが、

ミドルのブロック、リベロのディグ、セッターのトスがなければ、

それは成り立たないものです。

 

 

ぜひ、自分のポジションに誇りを持って、

『存在感』を出してほしいと思います!!

 

 

 

 

LEADの練習予定は、

バレーボールスクールのページからご確認いただけます!

↓ ↓ ↓

無料体験はこちらから