今、地域クラブとして感じる責任

石川県/LEAD/バレーボール/スポーツメンタルコーチ
前田佳奈

 

こんにちは!佳奈です!

昨日の幸介さんのブログ、「ドキッ!」とする内容じゃなかったですか!?

私は、緩んだ紐をピシッと締め直したような、身が引き締まる気持ちになりました。

 

一瞬で、『もう時間がない!やらんなん!』という感覚になりましたね。

 

まだ読んでいない方はこちらです↓

▶まだまだ時間があると思ったら大間違い!…

 

 

残された時間をどう過ごす?

 

昨日のスクールでは、

県大会までの時間について、子どもたちと考えました。

 

県大会の出場枠をかけた地区予選は、6月中旬です。

県大会が7月中旬です。

そして、県大会の上位3チームが、8月上旬の北信越大会に出場できます。

 

つまり、ほとんどのチームの3年生は、長くても7月中旬に引退となります。

残された期間は『3ヶ月半』です!

 

 

しか~し!!!

 

今年度から部活動の休養日が増えます。

仮に、週休2日だとすると、、、

 

3ヶ月半のうち、1ヶ月は休みです!!

 

そう考えると、かなり危機感がでてきたようでした。

 

 

「部活動」の変化

 

幸介さんも言っていましたが、

今年度から『部活動』が大きく変わります。

 

これは学校や都道府県単位の話ではなく、

国のスポーツ庁で定められた部活動ガイドラインによるもの。

 

そこには、こう書かれています。

 

  • 週2日以上の休養日を設ける
    (平日1日以上、土日1日以上)
  • 土日に大会があったら、振替休日を設ける
  • 夏休みなどの長期休業中は、部活以外の活動もできるようオフシーズンを設ける
  • 1日の活動時間は、平日2時間程度、土日3時間程度
  • 短時間に合理的かつ効率的効果的な活動を行う

 

部活が大好きな子、部活が大好きな先生にとっては、

かなり厳しい規則になりますね。。。

 

 

もしかすると、保護者の皆さんは、

別の心配事が増えているかもしれません。

 

  • 家にいてばっかりでも困るな…
  • 遊ぶ時間が増えたんじゃ…
  • 変な犯罪に巻き込まれなきゃいいんだけど…
  • うちの子は友達が少なそうだから、1人の時間が増えるのかな…
  • 家族で過ごす時間が増えるのはいいけど、お金かかりそうだな…

 

私は、このガイドラインを見て、

もっと運動したい子どもたち、そして保護者の新たな心配事を解決するのは、

私たち地域のスポーツクラブの役割だなと感じました。

 

 

スポーツの在り方が変わる

 

ガイドラインには、他にもこう書かれています。

 

  • 生徒のニーズを踏まえた運動部を設置する

 

これはどういうことかというと、

競技力向上、つまり「試合で勝つ」という目的の部活動以外にも、

『友達と楽しむ』ことや『スポーツを楽しむ』ための部活動を設置しようというもの。

 

例としては、

  • 季節ごとに違うスポーツをする部
  • 少人数の場合、他校との合同部活動

 

 

なんだか、それはそれで楽しそうだな!と思います^^

 

あるスポーツ競技の研究をしたり、

ケガや体、食事、トレーニングについて調べたりする期間があってもいいかも!

 

もう、「スポーツ=勝利至上主義」ではなくなりますね!

 

 

ジュニアスポーツの未来

 

さらに、こうも書かれています。

 

  • 生徒のスポーツ環境を充実させるために、地域のスポーツ団体と連携・協力する
  • 学校の負担が増加しないことに留意しつつ、生徒がスポーツに親しめる場所が確保できるよう学校体育施設開放事業を推進する
  • 学校・地域・保護者が、共に子どもの健全な成長のための教育スポーツ環境の充実を支援するパートナーとなる

 

このガイドライン。

私は、すごく大きな責任感を感じながら読みました。

↑赤文字の部分は、私たち地域クラブがすべきことだな、と。

 

ただ、バレーボールが好きだとか、バレーをしてたから教えてあげよう、

といったレベルでは、きっとその責任を担うことはできないでしょう。

 

 

ジュニア期のスポーツ環境の未来が、私たちにかかっている。

そんな気がしてなりません!

 

 

 


  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • バレーを基礎から学びたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!
  • 心からバレーを楽しみたい!

 

LEADはそんな子どもたちの為のクラブです。

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの体験はこちらから!