もしも、バレー歴1年半のスクール生が、バレーボールを教えたら?

石川県/LEAD/バレーボール

スポーツメンタルコーチの前田佳奈です!

 

え~、また佳奈さんかぁ~。

という声が聞こえてきそうだ!笑

 

幸介さんは、次回(たぶん明日?)

2段トスの動画解説ブログを更新するので

楽しみに待っていてくださいね^^

 

 

さて、今日は、先日のスクールの一コマから、

『指導者育成』をテーマに書いていこうと思います!

 

 

もしも、バレー歴1年半のスクール生が、バレーボールを教えたら?

 

新年度に入っても、

「今日は部活が早く終わったので!」

卒業生(高校生)が練習に来ることがあります!

 

卒業生が来ると、

スクールの空気が急にやわらかくなって、

明るくリズミカルな雰囲気になるんですよね^^

本当にありがたいです!

 

 

レシーブ練習をしているとき、

今月入会したばかりの中学生メンバーに、卒業生が指導する場面がありました。

 

教えていたのは「フェイントボールの膝入れ」です。

 

 

教えている卒業生は、

中2の秋からバレーボールを始め、

LEADに1年ちょっと通った子。

 

 

私は『どんな教え方をするのかな~?』と、

少し心配しながらも、見守ることにしました。

 

 

選手は、指導者の背中を見て育つ!

 

その卒業生は、まず、

どんな上げ方(フォーム)をすると、フェイントボールが上がるのか

言葉で伝え、体で見せました。

 

そして、「A君は、△△になっているから、〇〇を気をつけよう!」と伝え、

練習をはじめました。

 

 

上手くできた時は「そう!ナイス!」と褒め、

できなかった時は「惜しい!もうちょっと!」と励まし、

ある程度、意識できてきたら、

 

「よし!じゃぁ次は、◇◇も意識してやってみよう!」と言いました。

 

 

私は心の中で

『めっちゃ上手に教えるやん!笑』と思いながら、さらに観察していると、

あることに気づきました。

 

 

あれ・・・?

幸介さんの教え方に似てる?

 

 

球出しをするときは「いくぞ!」と声をかけ、

良かったところは「ナイス!」と褒めて

できなかった時も「いいよ!もう1本!」と励まし、

 

意地悪な球出しは一切せず、

自分の球出しが悪い時は「ごめん!今のは俺が悪い!」とちゃんと謝る。

 

一度にあれこれ言わず、一つずつ意識させる

 

なぜ、そのフォームだとボールが上がらないのか、

なぜ、このフォームがいいのか。

 

 

そういった教え方をしている姿は、まさに幸介さんのコピーでした!

 

(・・・どんだけ好きやねん!笑)

 

 

これぞ!指導者育成!

 

私たちには、10年15年先を見据えたビジョンがあります!

 

それは、LEAD卒業生が、

指導者として活躍してくれることです!

 

別に、LEADの指導者でなくても構いません。

新たにクラブを立ち上げて、一緒に地元のバレーを盛り上げていくのもいいですね!

 

 

そういうビジョンがあるので、

 

ただ、バレーができる環境を提供しているつもりはなく、

ただ、子どもたちとバレーをしているだけでもなく、

ただ、目先の試合に勝てる方法を教えているわけではありません。

 

 

今目の前で教えている子どもたちが

将来、指導をする側の立場になったとき、

 

自分のキャリア実績に関係なく、

 

  • バレーの基礎を教えられるように
  • 技術だけでなく、バレーの本質を教えられるように
  • バレーの価値を伝えられるように
  • コーチとしての選手との関わり方
  • コーチが夢に挑戦していること

 

こういったことが自然に伝わるように、意識して指導しています!!

 

 

だから自信をもって言えます!

LEADは、バレースクールを通して「指導者育成」をしています!

 

 

 

実際に、卒業生のなかには、

 

  • 「将来、子どもたちの指導がしたいです!」
  • 「教員になって、バレーを教えたいです!」

 

という夢をもっている子がいます。

 

なかには、

「スポーツトレーナーの資格をとって、LEADに戻ってきて、

 バレーを教えながら、スポーツ選手のサポートをします!」

という心強い未来のスタッフまで^^

 

 

 

LEADホームページでは、

卒業生から頂いた声を紹介していますので、

ぜひ、読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓

卒業生の声