【動画解説】繋ぎがチームを強くする!安定した2段トスを上げる方法

石川県/バレーボール教室/LEAD

前田幸介です!

 

今日は、前回のブログの続きで、

2段トス(繋ぎ)について動画でご説明します。

 

まずは、前回の復習をしましょう!

 

 

「勝てるチーム」と「勝てないチーム」の違い

 

勝てるチームというのは、ミスが少なく、繋ぎが良い。

その為、常にスパイカーが気持ちよく打てているチームです。

 

たとえ一本目が、きれいにセッターに返らなくても、

二本目で修正し、三本目は攻めて打つ。

 

ミスをミスじゃなくするので、

チームワークがとれて、勢いにのることができる!

 

 

反対に勝てないチームとは、

せっかくいいディグがあがっても、繋ぎが悪いため、チャンスボールで相手に返してしまう

 

仲間が頑張ってあげたボールも、周りがサボって繋がないこともある

 

結果的に、チームは勢いに乗れず何もできないまま負けてしまうチームです。

 

 

フォームの安定が、プレーの安定に繋がる

 

いろんなチームを見てきて思うのは、2段トスの上げ方が『雑』に感じること。

 

おそらく、2段トスの練習はしているのだと思うが、

形(フォーム)を意識して、2段トスをあげるということが少ないんだと思う。

 

要するに、感覚(勘)で上げているため、安定しない。

 

 

2段トスで意識すること

 

2段トスで意識したら良いことを、僕なりに言葉にしてみました。

 

すごく説明が難しいので、後ほど動画をのせますが、

まずはイメージしながら読んでみてください。

 

 

①体の向き

後ろから来るボールに対して、

ネットに体(前面)を向けたり、

レフト側に体の正面が向いていると、

ボールは回転し、

トスはネットに近くなります。

 

レフトにトスをあげる際は、ネットに背中を向けます。

また、プラスアルファーとして、

右足のつま先が、少しレフト側に向いていたほうがいいでしょう。

 

基本的につま先は、上げたい方向に向けますが、

向きすぎると、トスがネットに近くなるので注意です!

 

 

②顔・あごを上げない

トスを上げたい気持ちが強すぎて、

あごが上がってしまうと、

顔とボールの距離が離れてしまうため、

 

視界からボールが無くなり、

トスが離れたり、ネットを超えてしまったりと、

とにかく安定しません。

 

どのプレーも同じですが、

『あごを引いて、目だけを動かす』ことを意識することが大事です。

 

 

③手を下から出さない&しゃがまない

手を出す時に、

股の下から振りあげている子がいます。

これは結局、手だけで上げることになるので、安定しません。

 

手は胸の前に出し、

ボールを上げる時は、腕と床が平行になっているのが理想です。

足も使い、体全体であげましょう。

 

 

また、しゃがんでいる子(屈伸している子)をよく見かけますが、

これは自分でボールを変化させていることになります。

なぜなら、目線の上下を自分で作っているからです。

 

 

 

文章での説明がとても難しいので、

ここからは動画を見て、イメージしてください!

 

 

まだまだ説明が足りませんが、

とにかく上記で説明したことを意識して、練習してみてください!

 

2段トスがいいチームは、強いですよ!

 

それでは!

 

 

 


 

  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • バレーを基礎から学びたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!
  • 心からバレーを楽しみたい!

 

LEADはそんな子どもたちの為のクラブです。

 

スクールの体験申込みはこちらから

↓ ↓ ↓

バレーボールスクール【LEAD】