あなたの目標は大丈夫?せっかくの目標も『逆効果』になることがある! 

石川県/LEAD/バレーボール

スポーツメンタルコーチの前田佳奈です!

 

さて、問題です!

あなたは、次の目標にある共通点に気づくことができますか?

 

  • ネットにかけないように気をつけよう!
  • ミスしないように頑張ろう!
  • 緊張しないようにしよう!
  • 甘いものを食べない!
  • 太らないように気をつけよう!
  • 人見知りを直したい!
  • マイナス思考をやめたい!

 

どうですか?

もうお気づきですね?^^

 

これらの目標は、すべて「ネガティブな目標」になっています。

 

こういったネガティブな表現の目標は、実はなかなか達成しません。

それどころか、逆効果になったりするんです!!

 

 

脳は否定形を理解できない!

 

なぜ、ネガティブな目標が逆効果になるのかというと、

それは脳の仕組みと大きく関係しています。

 

私たちの脳は、否定形を理解できません!

 

  • ネットにかけないように気をつけよう!
  • ミスしないように頑張ろう!
  • 緊張しないようにしよう!
  • 甘いものを食べない!
  • 太らないように気をつけよう!

 

否定形を理解できないので、

「~しない」「~をやめる」などの表現は、わからないんです!

 

 

そして、ここからがもっと大事!

 

わからないだけなら、それでいいのですが、

否定形以外の部分は、ちゃんと理解します。

 

つまり、こんな指令が送られるわけです!

  • ネット!ネット!ネット!
  • ミス!ミス!ミス!
  • 緊張!緊張!緊張!
  • 甘いもの!甘いもの!甘いもの!
  • 太る!太る!太る!

 

「どうりで痩せないはずだ~!!!」

という声が聞こえてきそうですね^^

 

 

脳はイメージを実現しようとする!

 

もう一つ脳の仕組みとして、

イメージしたことを実現しようとします!

 

だから、「ネットにかけないように・・・」と思えば思うほど、

吸い込まれるようにネットにかかる、というわけです。

 

最初の目標例の中に、

  • 人見知りを直したい!
  • マイナス思考をやめたい!

というのがありましたよね。

 

こちらも「人見知り」「マイナス思考」というイメージが脳でできてしまうので、

その実現に向かっていくことになります。

 

 

親が子どもに対して、

「うちの子、人見知りなの。」

「うちの子、緊張しいだから。」

と言うことがありますよね?

 

それを聞いているお子さんの脳は、その実現に向けて頑張っていきますから、

お子さんは人見知りに育ちます。。。

 

 

 

これは、スポーツ指導者にも言えることです!

 

  • 「お前はいつも大事な場面でミスをするヤツだな!」
  • 「もっとミスを減らせ!
  • 焦るな!!!

 

こういった声かけは、逆効果になるということです。

 

 

ポジティブな目標を立てよう!

 

私たちの思考・使う言葉には、必ずがあります。

 

癖というのは習慣ですので、すぐに直るものではありませんが、

意識することで、習慣は変化していきます!

 

 

ぜひ、ポジティブな言葉ポジティブな目標を心がけてみてください^^

 

 

 

 

PS.試合では、リラックスし過ぎるのも良くないですよ!

相手コートに決まるイメージをたくさん作ってみてください!

 

自分と仲間を信じて、競技そのものを楽しむ事ができれば、

きっと勝利の女神は、あなたに味方するでしょう^^

 

 

 


 

  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • バレーを基礎から学びたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!
  • 心からバレーを楽しみたい!

 

LEADはそんな子どもたちの為のクラブです。

 

スクールの体験申込みはこちらから

↓ ↓ ↓

バレーボールスクール【LEAD】