【動画解説】フェイントボールの上げ方

石川県/バレーボール教室/LEAD

前田幸介です!

 

皆さんお久しぶりです!

すこし体調を崩していたため、ブログアップできずにいました m(_ _)m

 

今日は、フェイントボールの上げ方について、動画で説明します。

 

 

みなさんはどっち?

 

フェイントのとり方として、

  • よく見かけるのは、走りながらとる方法。
  • もう一つは、膝を入れて上げる方法です。

 

みなさんは、どちらのとり方をしていますか?

 

僕がLEADのスクール生に教えているのは、

膝を入れて上げる方法です。

 

 

なぜ、走りながらとってはいけないのか?

 

まず、フェイントだけに限りませんが、

走りながら(動きながら)ボールをコントロールするということが、どれほど難しいか?

ということが大きな理由になります。

 

これは、他のスポーツに置き換えると、イメージしやすいです。

 

例えば、野球選手の場合、

  • 動きながらバットを振る
  • 走りながらボールを投げる

 

これで正確にコントロールする選手は、なかなかいないですよね?

バットを振る時も、ボールを投げる時も、一瞬止まっていると思います!

 

 

前に落ちるフェイントボールやハーフスパイクを、走りながらとって、

上にあげたり、セッターへ返すためには、

腕のみでコントロールすることが必要です。

 

 

小学生は身体が小さいため、走ってボールを「運ぶ」ということが非常に多いと思います。

これはボールを「運ぶ」という面では大切で、小学生には適していると思います。

 

ですが、中高生になると、

ボールスピード、試合展開、ラリースピードが格段に速くなります。

 

そうなったときに、正確にボールをコントロールするためには、

動きながらではなく、なるべく止まって上げることが必要になってきます。

 

 

完全に止まっていなくても、

瞬間的に止まることで「間」が生まれます。

 

この「間」があることで、ボールコントロールは格段に良くなります!

 

 

 

膝を入れてとる事で「間」ができますし、

ボールの下にお尻(腰)が入り、ボールを上に上げやすくなります。

また、次の行動に移るスピードも速くなります。

 

 

動画を見て研究しよう!

 

今回は、走りながらとる方法と、膝を入れてとる方法を動画にしましたので、

ぜひ、見比べてみてください!

 

 

走りながらだと、お尻が入らず、ボールを前に上げることしかできないのに対し、

膝を入れることで、お尻も入り、上に上げやすくなっているのがお分かりでしょうか。

 

 

せっかく上げたボールも、トスに繋がらないと意味がありません。

 

トスに繋がっても、アタッカーが打てなければ(ひらく時間がなければ)

意味がありませんよね!

 

 

ぜひ、膝を入れることを意識して、練習してみてください!

それでは!

 

 

 


 

  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • バレーを基礎から学びたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!
  • 心からバレーを楽しみたい!

 

LEADはそんな子どもたちの為のクラブです。

 

スクールの体験申込みはこちらから

↓ ↓ ↓

バレーボールスクール【LEAD】