あなたの可能性は、あなたが決める!

石川県/LEAD/バレーボール

スポーツメンタルコーチの前田佳奈です!

 

先日、沖縄で行われた「全国スポーツクラブ会議」に参加したときのこと。

交流会でご一緒させていただいた講師の先生の言葉が、耳に焼き付いて離れません!

 

自分に。そしてLEADの子どもたちに。

それから保護者の皆さん、いつもブログを読んでくださる皆さん。

今日、偶然ブログを目にした方にも。

 

ぜひ、この言葉について、考えてみていただきたいと思います。

 

 

やらないリスク?

 

講師の先生は、私にこう言いました。

 

自分にある大きな可能性を、出さずにいるほうが“リスク”だと思いませんか?

若い頃の悪さや後悔は、年々小さくなっていきますが、

「やりたいのにやらなかったこと」の後悔は、時間が経つとともに大きくなっていきますよ!

やらないリスクのほうが、恐いですよね?^^

 

 

・・・。

 

・・・。

 

・・・。

 

 

皆さんは、どう感じますか?

 

 

やって後悔するか?やらずに後悔するか?

 

スポーツに置き換えてみると、

 

  • 失敗したくないから、強気で勝負しない
  • 怒られるのが嫌で、積極的にプレーしない
  • バテるのが不安で、力をセーブする

 

これは、自分の大きな可能性に、蓋をしていることになるんでしょうね。

また、「あの時、○○していれば・・・」と、きっと後悔すると思います。

 

 

あの時、勇気を出していれば、違う自分になれていたのか?

あの時、挑戦していれば、別の人生があったのか?

 

そういった後悔は、いくら時間が経っても心に残るものですよね。

 

 

もしも、試合のラスト1点、こんなミスで負けたらどうでしょう?

 

  • ブロックアウトを狙って思いっきり打ったスパイクが、アウトになった
  • コースギリギリを狙ったサーブが、アウトになった

 

試合直後は「あの時、違うコースを打っていたら・・・」と後悔するかもしれませんが、

時間が経って、後悔が大きくなることはないでしょう。

 

それどころか、恐れず挑戦したことが大きな自信に変わって、

新たな可能性が生まれているかもしれません!

 

 

やりたいことに熱中しよう!

 

私にも、本当はやりたいけど、まだやっていないことがあります!

どれだけメンタルトレーニングを学んでも、失敗するのは不安です。

 

ですが、その講師の先生は、

「やらないことのほうが恐いと思うよ?」と言ってくださいました。

 

自分が「やりたい」と思ったことを、

やってきた人だから言える言葉だということは、目を見ればわかりました!

 

だからこそ、心が動かされたんだと思います!

 

 

子どもたちが勇気が出ない時

失敗を恐れて挑戦できない時に

背中を押せるような人になるために。

 

私も、やりたいことを一つずつ、やっていこうと思います!^^

 

 

 

PS.お子さんの、隠れた可能性を引き出してみませんか?^^

LEADには、バレーボールをとおして成長できる環境があります!

ここでの経験が、大人になった時の大切な財産になることでしょう!!

↓ ↓ ↓

プログラム一覧