つまらない反復練習を楽しくする方法!

石川県/LEAD/幼児体育/運動遊び/バレーボール教室/バレーボールスクール

 

こんにちは!前田幸介です!

 

子供たちにスポーツ指導をしている時に

  • 今日は全然集中してないな…
  • 集中力が続かないのはなぜだろう?

 

と困ったことはありませんか?

 

集中力が続かない理由は単純で、

同じ動きをすることに飽きてしまっているんです。

 

子供たちにとって「反復練習」ほどつまらない練習はありません。

 

子供たちは好奇心旺盛!注意散漫ですからね!

 

 

子どもの集中力を高めるには?

 

「反復練習はつまらない」とはいえ、スポーツでは重要な練習です。

なので、いつもの反復練習に一手間くわえて、子供たちの好奇心を刺激します!

 

イメージとしては、毎日同じラーメンを食べるのは飽きるから、

今日は味噌ラーメン、明日はとんこつラーメン、あさっては塩ラーメン

といった感じですね。

(金沢のソウルフード「8番ラーメン」の唐麺なら、僕は毎日でも食べられますが。笑)

 

 

もしも、2人1組でキャッチボールをするとしたら、

  • 右手で投げる
  • 左手で投げる
  • 両手で投げる
  • 高く投げる
  • ワンバウンドで相手に届くように投げる
  • バスケットゴールにどっちが早く入るか競争する
  • コーンを置いて当てる
  • etc

 

ちょっと考えただけでも、たくさん工夫できそうですよね!

ボールをキャッチをする人に、何かルールを決めてもいいですね!

 

 

同時に◯◯力も高める!

 

バレーボールの練習でも、重要な基礎練習ほど、つまらない反復練習が多いです。

 

僕が小さい頃は、集中してやらなければ監督の父にドカンと怒られていましたので

やらされながら、時には泣きながら、怒られないように練習していたのですが…笑

 

今の時代、こんな指導は古いですし、

子供たちの気持ちもついてこないでしょう。

 

 

先日、小学生スクールの練習を見ていると、

単純な「オーバーハンドパス」の練習を、妻の佳奈は一手間も二手間も加えていました。

 

まずは壁を使ってのオーバーパス。

 

「◯回やる」というものではなく、

「壁にある模様をどれか一つ目印にして、そこに当てる」というルールで行なっていました。

 

子供たちも最初は楽しそうに練習していたのですが、

ほんの数分で飽きてきたのか、中には違う練習をし始める子も。

 

すかさず、2人1組のオーバーパスに変更!

こちらもただのパス練習ではなく、ネットを挟んでのパス練習

 

そして、ほんの数分で、1人が座ってのパス練習に!

 

 

その後も、いろんなルールを変えて、あっという間に15分ほどたっていました。

ただの2人1組のオーバーパスだったら、15分も集中は続かないでしょう。

 

 

このように、一つの練習でもちょっとした「ルール」を加えるだけで、

子供たちが楽しく集中して取り組めるようになります。

 

また、こうしたルールは、

同時に「コントロール力」「競争心」も刺激します!

 

 

これはバレーボールだけの話ではありません。

 

かけっこや縄跳び、鬼ごっこ…

 

いつものメニューにちょっと一手間

子どもたちの好奇心を刺激するルールを加えてみてください!

 

それでは。

 

 

 


 

参加費無料の親子ふれあいスポーツイベント!

近日開催は、11/4(日)です。

 

締切り間近ですので、今すぐお申込みください!

↓ ↓ ↓

お申込みページへ

親子ふれあいスポーツイベント