【イベントレポート】第2回スポーツケア講習会を開催しました!

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボール教室

前田佳奈です!

 

先日、スクールの中学生と保護者を対象にスポーツケア講習会を開催しました!

 

この講習会は、スクール生や保護者の方と関わっている中ででてくる

スポーツケアに関する疑問に対して、正しい知識を提供したいという想いから始まりました。

 

今回のテーマは、

  • ケガをしないための効果的なストレッチ方法

  • 突き指の正しいテーピング

です。

 

 

講師の先生は、地元金沢のプロバスケットボールチーム「金沢武士団(かなざわサムライズ)」でもトレーナーをされている山梨トレーナーに来てもらいました!

 

山梨トレーナーも学生時代はバレーボール選手だったそうで、

事実と経験に基づいた詳しい話が聞けました!

 

たかが突き指?されど突き指!

 

バレーボールで一番多いケガは『突き指』です。

 

私が小学生の頃は「突き指したら指を引っ張れ!」とお友達のおばあちゃんに言われ、

次の日ボンボンに腫れた記憶があります。笑

 

一言で「突き指」と言っても、症状は様々です。

 

  1. あきらかな変形
  2. ものすごい腫れ
  3. 曲がっているけど伸ばせない

 

こんな時はレッドカードだという話からはじまりました。

 

 

そして『たかが突き指』だと自己判断せず、

痛い時は言うこと。こわがらずに病院に行き、こわがらずに練習を休むこと。

そうしたアドバイスもいただきました。

※これかなり重要。

 

 

次に、練習中や試合中に突き指をして、そのまま続行したい場合、

どのようにテーピングをしたら良いか?

そもそもどこを固定するのか?

 

実際に自分でテーピングを巻いてみたり、2人組でテーピングをし合いました。

 

 

今回私が驚いたのが、テーピングを初めて使ったというメンバーがいたこと!

特に親指のつけ根のテーピングは、みんな大苦戦!!

 

保護者のみなさまも実際にテーピングを巻いてみて、

「あ〜なるほど!たしかに巻き方によって違いますね!」

と納得されていました。

 

 

最後に山梨トレーナーは「まずはテープに慣れることも大切だ」と言われてましたね。

 

テーピングもバレーと一緒、練習あるのみ!です。

 

動的ストレッチと静的ストレッチ

 

次に、このスポーツケア講習会のメインテーマでもある

ケガをしないためのシリーズ。

 

今回教わったストレッチには大きく分けて2種類です。

 

  1. パフォーマンスの向上とケガ予防のための動的ストレッチ
  2. 筋肉疲労を和らげるための静的ストレッチ

 

『運動前と運動後ではストレッチが違う』ということも、

当たり前のようで、あまり浸透していないんですよね。

 

まずは動的ストレッチから!

 

 

お父さん、お母さんにとっては、かなり良い運動になったんじゃないでしょうか!笑

 

 

次に静的ストレッチを2人組で行いました。

 

 

この静的ストレッチですが、一か所につき30秒伸ばします!!

これには私もびっくり!

 

だってみなさん!

「いーち・にー・さん・しー・ごー・ろく・しーち・はーち」

じゃなかったですかぁ〜?笑

 

30秒って想像以上に長いんですよね!

 

 

また、2人で行う際のポイントは、

コミュニケーション(会話)をとりながら行うこと。

 

これはスクール生にとっては大切な課題でもあります。

 

 

終了後、山梨トレーナーは、

「こういう講習会に、保護者が積極的に参加してくださるのが嬉しいですね!」

とおっしゃっていました。

 

私もそう思います。

 

保護者とのコミュニケーションがだんだんと減っていく中学生時代に、

こうした共有はとても大切ですし、会話のきっかけにもなりますよね。

 

ぜひお家でも、ストレッチを口実に(笑)

 

お母さんが息子に、お父さんが娘に、

スキンシップとコミュニケーションをとってもらえたらと思います!^^

 

 

というところで、第2回も大満足の内容で終了。

 

毎回思うことは「まだまだ知らないことがたくさんある」ということ。

 

子どもたちに、大好きなバレーを長く楽しく続けてもらうためにも、

スポーツケアはとても大切。

 

今回参加できなかったスクール生は、第3回をお楽しみに!^^

 

山梨トレーナー、お忙しい中ありがとうございました。