【中学高校生必見!】どんなスパイクも上がるようになる!ディグのポジショニングとは?

石川県/LEAD/バレーボール教室/バレーボールスクール/幼児体育指導

前田幸介

 

 

あなたは、ディグをする際に「どこで守ればいいか分からない」ということはありませんか?

 

各チームで、ディグの基本ポジションやフォーメーションは必ず決められていると思いますが、

毎回同じポジションとは限らないことをご存じでしょうか?

 

たとえば、

  • 相手のトスがネットから離れた時
  • 相手のトスが短い時
  • 相手のトスが長くアンテナよりも外の時

 

この3つは、試合中に何度も出てきますが、あなたならどのような行動にでますか?

 

相手のトスに合わせて、ポジショニングを変える?

それとも、決められた基本ポジションを守る?

 

この判断は非常に重要で、一つ間違えると失点に繋がることは言うまでもありません。

 

 

相手を見て判断する!


 

さて、先ほどの質問についてですが、

やはり「相手のトスに合わせて、ポジショニングを変える」必要があります。

 

また、トスだけで判断するのではなく、

さらに「相手アタッカーを見て判断する」必要があります。

 

 

目線の運び方としては、こうです!

 

  1. ボール
  2. セッター
  3. ボール(トス)
  4. アタッカー

 

これは、バレーボールの基本です。

 

 

相手のトスが離れているのであれば、

相手のできることは「長いコースの打ち分け」「ハーフスパイク」に限られてきます。

 

そのため、

  • 後衛のレフトバックは長いコースを想定し、ポジショニングを行う
  • 前衛はハーフスパイクを想定し、ポジショニングを行う

 

もし、相手のトスやアタッカーの体勢を見ずに、いつも通りのポジションに構えていた場合、

そこにはボールは来ないため、失点に繋がる可能性が高くなります。

 

 

相手のトスが短い時は、

  • バックセンターはストレートコースよりにポジショニングを行う
  • ライトの後衛はブロック後ろのフェイントのケアに回る

 

トスが短いと、打てるコースがかなり限られてしまうので、

アタッカーは、ストレートの奥やブロック裏にフェイントをしたくなります。

 

ここで、フェイントを落としたり、ストレートの奥にきたボールがとれないと、

相手のディフェンスを崩した意味がありません。

 

 

自分で考えて行動する!


 

相手を見て判断する場面は、もっとたくさんあります。

 

ですが、

チームで決められたフォーメーションがあるから・・・

違うところにいると怒られるから・・・

 

といった理由で、適切な判断とポジショニングをできない選手がいます。

 

また、いつも指示をされる習慣がつきすぎて、自分で考えて行動することなく、

言われてから「あっ!」と気づく選手もいますね。

 

この2つは、あなたがバレーをする上で、ものすごくもったいないことです!

 

なぜなら、自分で考えてやってみるからこそ、バレーボールはおもしろいのです!

 

 

練習の時から「トスが◯◯だから、ここだな!」と動いてみる。

目線は「ボール・セッター・ボール・アタッカー」を意識する。

 

相手を見て気づいたことを「ストレート!」や「フェイント!」などと声を出してみる。

 

そうして実践することで、試合で自然と動けるようになっていきます!

 

もし間違えたら、次また改善してみればいいのです!

 

 

ぜひ今日から、練習で実践してみてはいかがでしょうか!

 

 

 

高校に向けてのスキルアップ!
【中学3年生 強化練習会】


  • 開催日/11月23日(金・祝)
  • 時 間/9:00〜12:00
  • 場 所/松任総合体育館
  • 対 象/高校でもバレーを続けたい中学3年生の男女
  • 定 員/男女 各8名
  • 参加費/無料!

 

▼お申し込みは今すぐ!▼

お名前 (必須)

保護者氏名 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

ご質問等、事前に伝えたいことがありましたら、ご記入ください