冬こそ、ふうせんバレーで遊ぼう!!

石川県/LEAD/幼児体育/運動指導/運動あそび

前田幸介

 

最近の石川県はとにかく寒くなってきました。

今年は昨年のような大雪が降らないことを祈っています!

 

こんなとき、外で運動するのは体調面も気になりますし、

室内での運動に切り替えても、

毎回マット運動や跳び箱などになってしまうことが多いのではないでしょうか。

 

今日はそんな冬に、子どもたちが楽しくできる運動遊びをご紹介します!

 

 

みんな大好きふうせんバレー!


 

ふうせんバレーを簡単に説明すると、

その名の通り、風船を「落とさないようにつなげる」という遊びです!

 

子どもたちはみんな風船が大好き。

 

どこに当たっても痛くないので、恐くないですし、

ボールと違って、床に落ちるまで少し時間があるから、小さいお子様でもできます!

 

また、ボールを追っかけながらまわりも見れるようになって、

視野も広がり、ケガの防止や今後の運動能力の向上が期待できます!

 

 

遊び方はとても簡単。

  • 手のひらで『ぽんぽん』して、風船を落とさないように運ぶ
  • 風船をコントロールしてフラフープに通す
  • 人数が多い場合は、2つにわかれて試合をする
    ※コートは小さなマーカーを置いたりして作る

 

子どもたちは自然と、

お友だちと一緒に繋ぐことの楽しさ、決めることの喜びを学んでいきます。

大喜びでテンションがあがること間違いなしです!

 

 

空間認識能力とは


 

ふうせんバレーの最大のメリットは空間認識能力が身につくことです。

 

空間認識能力とは、狙った場所にボールを当てることや、飛んでくるボールを掴むこと、

ボールと自分の距離を素早く正確に把握、認識する能力です。

 

 

今回紹介した、ふうせんバレーも

空中に浮いているふうせんとの距離感覚や空中のふうせんを叩くなどの動きが、

空間認識能力の向上に大いに繋がります。

 

こんなに大きなメリットがある「ふうせんバレー」は本当におすすめです!

 

子どもたちは、遊びの中で、たくさんの運動能力を身につけることができるので、

ぜひいろんな遊びを試してみてはいかがでしょうか!

 

(広岡こども園様にて)

 

 

私たちLEAD ISHIKAWAでは、

地域貢献として運動遊びをメインに保育園巡回指導(アミーゴ)を行っています。

 

今なら、ふうせんバレーの無料体験もしております!!

↓ ↓

詳しくはこちら

保育園巡回体育指導 アミーゴ