石川県/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/LEAD

コーチ 竹田智貴

 

あなたは、このように悩んでいませんか?

ラリー中になると声が出ない…

自分では出しているつもになのに、いつも注意される・・・

声って何を出せばいいの?

このような「声」に関する悩みは、かなり多いと思います。

「声」を出すのが苦手な人にとって、この問題を解決するのは、なかなか簡単ではないですよね。。。

 

どんな「声」を意識する?

スクールの中学生クラスにいる男の子の話をします。

その子はいつも笑顔で元気があり、何事にも一生懸命に取り組む生徒で、その姿を見ると、もっと教えてあげたい、上手くなってほしいと思わせてくれます。

 

でも、練習中は大きな声が出ているのに、ラリーになると声が出なくなってしまう小さな声しか出せないと悩んでいました。

そこで一つ質問をしてみました。

 

「ラリー中はどういう声を出せばいいと思う?」

すると少し悩みながら、「オーライの声!」と答えました。(意思表示の声ですね!)

しかし、「プレーしながらだと難しい・・・」とも正直に話してくれました。

 

「ほかにも声は色々あるけど、まずは大きな声で”意思表示”しよう!」

「自分がプレーしていない時は、仲間に”伝える声”だぞ!」

と約束し、次のプレーに臨みました。

その後は、体育館中に響き渡るほどの大きな声で「オーライ」と言ってボールを取りに行ったり、仲間に「頼む!」と声を出していました。

 

「声」の種類と役割

「声」というのは様々な種類があります。そこで今回は、特に重要な声を大きく3つに分けて説明していきます。

 

①仲間に「伝える声」

これは、先ほども出てきた”意思表示”の声です。使う場面は、自分がプレーする時に使います。

  • 例)ボールを取る時:
    「オーライ」「まかせろ」
  • 例)ブロックを飛ぶ時:
    「せーのっ」
  • 例)トスを呼ぶ時:
    「レフト!」「持ってこい」

自分の意思を伝えることで、仲間も次の準備をしやすくなります。

 

②仲間を「励ます声」

チームで喜んだり、勢いをつけたり、またミスを励ますような声のことです。

伝える声はラリー中に必要な声ですが、励ます声はボールが止まっているときに大事です。

  • 例)仲間がミスをした時:
    「ドンマイ!」「次1本」
  • 例)仲間が決めた時:
    「ナイス!」「ありがとう」
  • 例)勢いづけたい時:
    「いくぞ!」「もう1点!」
  • 例)連続失点した時:
    「切り替えよう」

チームで喜び方や盛り上げ方を決めたりすると、より楽しくバレーボールができるようになります!

 

③仲間を「助ける声」

これは、仲間がプレーする時や、仲間を動かす時に使います。

  • 例)仲間がプレーする時:
    「頼む」「〇〇!(名前)」
  • 例)仲間がスパイクを打つ時:
    「ブロック2枚」「打て!」
  • 例)ジャッジ:
    「アウト」「入ってる」「ワンタッチ」
  • 例)その他:
    「ブロック、ストレート締めて」「後ろは任せろ!」「フェイント!」

自分がプレーしていない時にも声で情報を送ることで、仲間もプレーしやすくなります。

あなたの声を聞いた仲間がとっさに反応できて、ボールをあげることができたり、スパイクを決めることもありますし、ミスを未然に防ぐこともできます!

 

まずはできる声から

「声」は1点を勝ち取る武器になります。なぜなら、声は仲間を助けることができるからです!

あなたの声一つで、チームに貢献できます。

 

先ほど3つの声を説明しましたが、声を出すのが苦手な人は、まずは「①仲間に伝える声」から出してみましょう。

そして次は「②仲間を励ます声」です。

この2つの声は、プレーの良し悪しや技術レベルに関係なく、出すことができます。

 

自分では出しているつもりなのに「もっと声を出そう」と注意される人は、もしかすると「③仲間を助ける声」が出ていないのかもしれません。

 

声も技術の一つなので、最初からできなくても大丈夫。

間違えることがあっても気にせずに、大きな声を出していきましょう!

 

応援しています!