石川県/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/LEAD

コーチ 竹田智貴

 

こんにちは!

先日、僕の大学とLEADの中学生チーム、高校生で練習試合をしました!

 

僕の大学の子らも中学生や高校生と試合することは、とても良い刺激になります。

「若い世代が頑張っているから、俺たちも・・・」(おじさんみたいですね笑)

 

僕自身も、普段教えている子たちと試合するのは、不思議な感覚でした。

実際に一緒に試合して、LEADの中学生の行動を見ていて感じたことがありました。

今日は、それについてお話ししていきたいと思います。

 

もっと上手くなりたい!

教えている時、練習試合をした時、

僕が常に感じているのは、LEADの子たちみんなから、

「もっと上手くなりたい」

という思いが伝わってくるということです。

 

なぜかというと、

  • 時間が空いたら、自分から練習している
  • 練習にやらされている感がない
  • 楽しみながら、バレーボールをしている

この様子がいつも見られるからです!

 

こういった子どもたちのやる気や好奇心から、「頑張って欲しいな」「もっと教えてあげよう」「応援したい」と、指導者として僕自身も成長していこうと思うようになりました。

 

上手くなるには?

ただ「上手くなりたい」と思うだけなら誰でもできます。

実際に上手くなっている人に共通しているのは「観察力」の高さです。

自分に足りない部分ができている人を見て、どうやって達成しているのかを観察する、ということです。

 

「上手い人は、より上手い人を見て学ぶ」

常にレベルアップしていく選手は、上手い選手を見て学びます。

 

普段の練習や練習試合の中で、

「あの人トス綺麗だなー」

「2段トスをなんであんなに打ち切れるんだろ!」

「あのリベロ、全然ボール落とさんやん!」

と思うことがあったら、ただ「上手だなー」と見るのではなく、

  • 自分と何が違うんだろう?
  • どんな動き、フォームをしてるんだろう?
  • 何を考えてプレーしてるんだろう?

そういう部分に着目して、観察してみましょう!!

 

もっと上手くなるには?

上手くなるためには「観察しよう」という話をしましたが・・・、観察するだけでは上手くはなりませんよね。

そこで、次のステップアップとしてやってほしいのが、

「真似」です。

 

「学ぶ」の語源は『まねぶ(学ぶ)』であり、『真似ぶ』も同じ語源である

という説があるそうです。

学ぶことは「真似る」ことから始まります。初めは、見よう見まねでやってみましょう!

 

繰り返し練習することで、「なんとなくいつもよりできているかも!」「この人の打ち方やりやすい!」などと、普段難しく考えすぎていてできないことも、すらっとできるようになる時があります。

逆に、「この人の打ち方かっこいいけど、俺には合わないかも」「このフォーム(構え)取りづらいな…」と思うこともあると思いますが、でもそれが『学ぶ』ということですよね!

 

そして真似をした後は、それを「自分だけのもの」に磨いていきましょう!

 

それでは、またお願いします。