石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

前田幸介

 

バレーボールといえば「強いスパイク」に注目がいきますが、

そこにいくまでの「繋ぎ」ができていないと、どんなに良いアタッカーがいたとしても勝利をつかむことはできません。

 

そして、繋ぎといえば『2段トス』がありますが、これがまた難しい!

もしかするとあなたも、そう感じているのではないでしょうか。

 

2段トスをあげるのが「恐い」

トスがネットに近くなったり離れたり、短くなったり長くなったり、安定しない!

そもそもどうやってあげたらいいの?

 

このように悩んでいましたら、今日の動画レッスンはとても参考になると思います。

ぜひ、最後まで動画をみて、試してみてください!

 

安定させるコツは3つです!

今回は、動画でのレッスンになります!

安定させるコツや意識するポイントについて解説していますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

いかがだったでしょうか。

 

僕は身長が小さく、高さもなかったため、高校大学とセッターやリベロをすることが多く、

どんなトスを上げたらアタッカーが打ちやすいか。

どのようなフォームで2段トスを上げれば、アタッカーが見やすく、タイミングが取りやすいか。

というところまでこだわりました。

 

今は2段トスが安定せず、カバーをするのが「恐い」と思っているあなたも、

このポイントを意識して練習すれば、きっと得意分野に変わり、自信をもってプレーできるでしょう!

 

おさらい

まずは意識するポイントです!

  1. 身体の向き
  2. 腕の使い方
  3. 目線を上下させない

ボールの下に早く入るということは当たり前の話なので、今回は省いてあります。

 

あとは、常にアゴを引いて、目だけでボールを追いかけるということも意識しましょう。

 

バレーボールをする上で、アゴを上げてプレーしてしまうと、自分が今どこにいるのかがつかめなくなり、周りとの距離感があいまいになり、フォームも乱れます。

ですので、アゴを引くということは、バレーの全てのプレーに対して大切です。

ぜひ、明日からの練習で、意識しながら実践してみてください!

 

それでは今日はこのへんで。