「はい!」と返事をさせない質問をする理由とは?

石川県/LEAD/スポーツメンタルコーチ

 

前田佳奈です!

 

今日は、ある小学生バレーボールチームのメンタルトレーニングを行ってきました。

 

私はメンタルトレーニングで、子どもたちにたくさんの質問をするのですが、

その中で、とても重要なことを気づかされたので、皆さんにもシェアしたいと思います。

 

 

「大きな声で返事をする」ことのデメリット

 

「みんな今日は、何をするって聞いてる?」

『メンタルトレーニングです!』

「メンタル強くしたい人~?」

『はい!』と言って、全員の手があがりました。

 

「・・・ところで、みんな、メンタルって何か知ってる?

 

すると、こんな返事が返ってきました。

 

『なんか~、聞いたことあるけど・・・よくわかりません!』

 

子どもたちは『メンタル』が何なのか、よくわかっていなかったんです。

 

そうですよね。

テレビや、大人の会話のなかで聞いたことはあっても、

メンタルが何かなんて、習ってないですもんね!

 

そして、2人の子がこんな話しをしました。

 

「お前、メンタル弱いって、いつも言われるよな?」

『うん、俺よく言われる!・・・メンタルって何かわからんけど。』

 

これには、監督さんも苦笑い。

 

メンタルトレーニングの後も、監督さんとこの話しになりましたが、

指導者の言葉が、子どもに「伝わっていない」ことって、よくあるんです!

 

 

特に、返事が上手なチームによくある話です。

 

一見、礼儀がしっかりしていて、いいチームに見えますが、

よく理解もしていないのに「はいっ!」と大きな返事をしている場合があります。

 

 

これはなにも小学生だけの話ではありません。

中学生や高校生も同じです。

 

わからないのに、納得していないのに、

とりあえず返事をしていることって、よくあるのです。

 

 

「はい!」と返事をさせない質問をする

 

LEADの練習では、コーチが何かを伝えて、

子どもたちが「はい!」と返事をする場面は、ほとんどありません。

 

なぜなら、「はい」「いいえ」では答えられない質問をするからです。

 

『この練習で、意識することは何?』

『今の自分のプレーはどうだった?』

『次はどうしたらいいと思う?』

 

こういった質問をすることで、

自分で考える力がつきますし、自分の意見を伝える力もついてきます。

 

また、チームメイトや後輩に、教えることもできるようになります

 

 

LEADが目指すもの

 

LEADは、ただのバレーボールスクールではなく、

『バレーボール教育』を目的としています。

 

子どもたちには、人に言われてから何かをするのではなく、

自分で考えて行動する「自立心」を養ってほしいと思っています。

 

自分から進んでやる、自分のできないことに挑戦する、

それは、とても楽しいことであり、成長する近道です!

 

 

だからこそ、私たちコーチは、技術を教えるだけでなく、

たくさんの質問をして、子どもたちの話しを聞くことを大切にしています。

 

 

 

ちなみに・・・

小学生スクール『Let’s』でも、たくさんの質問をしています!

 

年明け最初の練習では、今年の目標を聞いてみました。

 

「1人1人、発表してもらうね!」というと、中学生なら「え?」って顔をするのですが、

『私もう決まっとる!』と、ドヤ顔。笑

 

で、さらに私が驚いた回答が、

『私の目標、1つじゃないよ?』

 

無邪気な小学生の珍回答に、いつも驚かされている私でした。笑

 

 

 

 

小学生スクール『Let’s』・中学生スクール『LEAD』

↓ ↓ ↓

無料体験はこちらから