「生徒同士がコーチ」の関係性でチーム力を高める

石川県/バレーボール教室/LEAD

 

前田幸介です!

 

今日はチームとして、

個々の技術向上とチームワークの向上には欠かせない“コミュニケーション”について、

LEADで行っている、そして常々言っている事をお伝えします。

 

 

みなさんのチームでは、選手同士がどんな声かけ、どんな行動をしていますか?

 

ただ『声を出そう』という声かけや、

『僕、私、コートに入っていないから関係ないや』といった行動になっていませんか?

 

 

生徒同士がコーチ

 

LEADでは、安定したフォームにこだわり、フォーム作りから技術向上を図ります。

 

ですので、

すでに伝えられて理解している生徒が、まだ理解していない生徒に対して、

初めて練習に来た子や、前回練習に来れなかった子に対して、

 

生徒同士で教え合うことは、当たり前になっています。

 

 

また、練習中、フォームの意識や声が出ていないときには、

生徒同士で教え合い、生徒同士で指摘し合っています。

 

 

こんな事は当たり前だと思う方もいるかもしれませんが、

これは相当難しい事なんです。

 

 

それは、人間関係など様々な要因が考えられますが、

大きくわけて、5つあると思います。

 

  1. 恥ずかしい・自信がない

  2. 指摘したときに、相手にどう思われるかが気になって言えない

  3. そもそも『どうやってとればいいのか』『どこを修正すると良くなるのか』がわからない

  4. 『なんでこのフォームがいいのか』を理解していない(なんとなくわかるが、説明できない)

  5. 周りの人(状況)が見れていない

 

 

 

LEADは、いろんな学校から目標をもった子どもたちが集まり、

一緒に練習しているバレーボールスクールですが、

個々の技術向上のためには、チームワークの向上が欠かせません!

 

 

『自分さえ良ければいい』といった生徒同士で、

中身の濃い、レベルの高い練習など、できませんからね。

 

 

結局のところ、

上達・活躍する選手というのは、

 

  • 周りの状況をよく見て、みんなの為に声を出す。
  • 人のフォームを観察し、研究する。
  • 良い部分は褒めて、悪い部分は教えてあげる。
  • 悩んでいる人がいたら、話しを聞いて、一緒に考えてあげられる。

 

こういうことが自然にできる人です。

 

 

フォーム指導が生徒同士のコミュニケーションに繋がる

 

ジュニアクラブや各中学、各高校で徹底しているフォームや動き方があるとは思いますが、

『バレーの基礎』という部分でのフォームは変わらないと思います。

 

 

僕自身、フォームにこだわり、上手な選手の真似をして上達した経験から言えることは、

 

まずは、すぐ6人を選抜して、チーム練習や練習試合を行うのではなく、

安定したフォーム作り、そこからチームワークの向上を図ることが非常に大切だと思います。

 

 

そうすれば、

「なんで今のボールがとれないの?」

「〇〇君のミスだから、僕は関係ない」

といった、思いやりのない態度や声かけが必ずなくなりますし、

 

仲間同士で指摘し合うことが、個々の技術向上とチームワークの向上に繋がります!

 

 

結果それが、試合の勝敗に大きく関わってくるのです。

 

 

 

どんなにポテンシャルの高い選手が集まっていても、

チームワークが悪ければ、必ずどこかで負けます。

 

逆に言うと、

特に才能が光る選手がいなくても、

チームワークが良ければ、選手層のいいチームに勝つこともできるのがバレーボールです。

 

 

 

このブログを読んでいるスクール生は、

『生徒同士がコーチ』であることを心がけ、

仲間想いの声かけや行動をしていきましょう!

 

それが必ず自分に返ってきます!

 

それでは。

 

 


 

  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • バレーを基礎から学びたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!

 

 

LEADはそんなあなたの為のクラブです。

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの体験はこちらから!