子どものやる気がなくならない言葉のかけ方

石川県/LEAD/バレーボール

 

スポーツメンタルコーチの前田佳奈です!

 

今日は、過去に書いたブログ記事から、特にアクセスの多かった記事をご紹介。

 

子どものやる気を損なわずに、上達へ導く言葉のかけ方についてシェアします!

 

 

子どもも、自分で自分を責めている

 

  • 全くやる気が伝わってこない
  • 意識しているように見えない
  • なかなか上達しない

 

そんな状態の子どもたちに悩む指導者、保護者は多いと思います。

 

 

なかなか上達しない。教えているのにやろうとしない。

 

そんな子どもたちを見ると、

「なぜ、できないんだ!(なぜ、やらないんだ!)」

「何度言ったらわかるんだ!」

と叱責してしまいがち。

 

 

ですが、そんな状態の子どもたちも、

なんで私はこんなこともできないの?

と、自分を責めていることがあります。

 

 

そこで、コーチや親が同じように責めてしまうと、

さらに自信をなくしたり、消極的になってしまったり、

 

「だって、できないもん!」反発心反抗心が芽生える場合や、

「じゃぁ、教えてよ!」依存心が生まれることも考えられます。

 

 

そして、さらに「もうお前なんか知らねぇーよ!」と突き放すと、信頼関係を失うことに。。。

 

そんな言葉を使っていなくても、

態度でそう伝わってしまったり、

 

自分で考えてほしくて言った言葉が、

見捨てられた(私はダメな人間なんだ)と思ってしまう子もいます。

 

 

昔のやり方は通用しない

 

一昔前は、反発心を力にして、

クソー!見返してやる!って感じでしたよね。

 

 

反抗的な態度を見せれば、バシーン!と一発叩かれ、

怒られたくないからと、泣きながらでも必死で考えてやっていたと思います。

 

でも、それは昔の話です!

 

 

今の子どもたちは、

叩かれて、怒られて、嫌だと言っても無理矢理やらされることはないので、

この指導法は通用しません。

 

 

私たちコーチは、子どものやる気を損なわずに

自立心を育みながら上達させる方法を考えなくてはいけません。

 

 

やる気を認めてから教える

 

本人のやる気を損なわずに指導する方法は、たくさんあると思いますが、

まずは本人に「やろうとしているのはわかるよ!」と認めてあげることだと思います。

 

思っているだけではなく、ちゃんと言葉で伝えます。

 

 

LEADでは、この言葉を本人に伝えてから、考えさせたり、叱るようにしていますが、

子どもたちが反発・反抗したり、信頼を失うといったことは、まずありません!

 

 

どんなに厳しく叱っても、すぐに質問してきたり、

練習後に個別指導をお願いしてきたり、

 

練習後も引きずることなく、他愛ない会話で盛り上がれるのです!

 

 

「全くやる気が伝わってこないんだよね」

という指導者の方もいらっしゃいますが、それは、指導者目線のモノの捉え方です。

 

子どもたちの行動や表情を見て「やる気がない」と思ったとしても、

 

「練習に来た=本人はやる気がある」と思って指導するのと、

「浮かない顔をしている=練習に身が入っていない」と思って指導するのとでは、

 

練習内容と成果が変わってきます。

 

 

 

幸介さんは、

こんな言葉で指導しています!

 

お前がさ、意識しようとしているのはわかるんだけどさ、

プレーが変わってないんだよな!

 

それは、意識していないのと一緒になるんだよ!

ミスしてもいいから、大げさに変えてみよう!

 

 

この言葉で、ふて腐れる子はいません。

 

子どもたちは、今の自分は意識が足りないんだ!と理解し、次はこうしよう!と変えていきます。

 

 

幸介コーチの指導はこれだけでは終わりません。

 

プレーに変化が見えたら、たとえボールがうまく上がらなくても、

そう!今のカタチでいいよ!!

と伝えているのです。

 

 

人は「できている」ことを認められると、

「もっとやりたい」「もっとできる」といった可能性や、やる気が生まれてきます。

 

 

 

子育ても、スポーツ指導も、このあたりは同じだと思います。

 

何かの参考になれば嬉しいです^^

 

 

 


 

  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • もっとバレーがしたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!

 

 

LEADはそんなあなたの為のクラブです(^^)

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの無料体験はこちらから!