小中学生のスポーツノートに書いてほしい3つのこと

石川県/LEAD/バレーボール教室/メンタルコーチ

前田佳奈

 

以前、小学生のお母さんから

「娘のバレーノートを見て、ぜひアドバイスが欲しい!」

と頼まれたことがあります。

 

その子自身も、

「何をどう書けばいいのか、わかりません」

と言っていたので、まずは今書いているノートを見せてもらうことに。

 

そこで、私は衝撃を受けました。

 

なんと、ノートに書かれていたのは・・・

 

  • 今日は◯◯がダメだった。
  • ◯◯を失敗してしまった。
  • いつも◯◯がうまくいかない…

こういう、自分へのダメ出しばっかり!

 

せっかく、すすんで書いている振り返りノートも

これでは逆効果です!

 

今日はみなさんにも、

お子さんのメンタルを強くするためのスポーツノートの書き方についてお伝えしますね!

 

 

ネガティブな反省はいらない

なぜでしょう?

 

子どもって、特に書き方を教えていないのに、「振り返りノートを書いてきて」って言うと、決まって自分のダメ出しノートを書いてきます!

 

日本人の特徴ですかね?笑

 

振り返りノートに書いてほしいのは

  1. 今日やったこと(練習内容)
  2. うまくいったこと(3つ以上)
  3. なぜ、うまくいったのか(分析)

この3つです!!

 

できなかったことの反省はいりません。

 

なぜ、ミスをしてしまうのか?自分の何が悪いのか?

 

毎日そんなことを書いていたら、どんどん自信を失い、反省のプロに育ってしまいます。

 

うまくいったことの分析ができれば、今できていない課題にも、ちゃんと取り組めるように育ちます!

 

 

OKノートが自己肯定感を育む!

「もし、今日うまくいったことや良かったことが一つもなかったら、何を書けばいいですか?」

 

(子どもたちは、とにかく自信がありません。)

 

『そういう時は、頑張ったことを書くんだよ!』

「頑張ったこともなかったら?」

 

(子どもたちは、なかなか自分に厳しいです。笑)

 

疲れたけど最後まで練習できた!でいいよ?』

「えー!そんなこと書いていいん?」

 

『いいよ!』

「風邪とかで、練習休んじゃったら?」

 

無理せず、ちゃんと休んだ!とか、
 風邪ひいて休んだけど昨日のバレーノートを見た!とか^^』

「それなら書けそう!」

 

『とにかく、自分への「OKノート」にするんだよ!』

 

自分に花マルをあげた分だけ、メンタルは強くなっていきます!

 

 

見返すのが楽しいノートに

イヤイヤ書いていたり、強制されて書いたり、怒られないように嘘の内容を書いたり。

そんなスポーツノートは時間のムダ。

それなら、YouTubeで上手い選手の動画を見ていたほうがよっぽどいいです!

 

書く内容をおさらいしますね!

 

1.今日やったこと

今日の練習内容。試してみたこと。意識したこと。

2.うまくいったこと(3つ以上)

1をやってみて、うまくいったこと。できたこと。良かったこと。頑張ったこと。

3.なぜ、うまくいったのか

2がなぜうまくいったのか、それぞれ分析してみる。

 

そのほか、書きたいことがあったら自由に書いてOK!

 

例えば、教わったことや、次やってみたいこと。

目標や、好きな選手の写真を貼ったりするのもいいですね!

 

ただし!ダメなところ、できないところは書かないように!

 

毎日書くのも、後から見返すのも

「楽しい」と思える自分OKノートを作りましょう!^^

 

 

 

なぜ、家でゲームばかり…学校でも控えめだった子が「中学生の練習にも参加したい!」と積極的になったのか?

LEAD小学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯小学生バレーボールスクール