*秋の入会キャンペーン開催中*

セッターというポジションは、なんでこんなに難しいんだろう?

石川県/LEAD/バレーボールクラブ/バレーボールスクール

前田幸介

 

あなたは、セッターになって、

  • 上手くトスが上げられない
  • アタッカーに申し訳ない
  • バレーが楽しくなくなった

と思っていませんか?

 

セッターというポジションは、なんでこんなに難しいんだろう・・・。

 

これは僕自身も、セッター当初は感じていたことだし、このことで悩んでいる子達が多いことも知っている。

 

僕が経験したのは、こうした悩みを乗り越えた先に、

チームをコントロールできたり、思い通りにトスを上げられるようになって、バレーが楽しく、セッターがやりがいのあるポジションだとわかったことです。

 

 

セッター練習の時間がない

練習では、ディグ、レセプション、スパイクの時間はあるが、セッターだけの練習はほとんど無いのではないかと思う。

 

そのなかで、「もっと打ちやすいトスを上げろ」「ジャンプトスしろ」「セッターがよくない」とか言われることが多い。

これには、経験してきた自分にとってはすごく腹が立つ。

 

でも、確かに・・・

セッターだけの練習時間をとることが難しいのはわかる。

 

じゃぁ、どうしたらいい?

 

 

まずは基礎から!

そんな悩みに応えるために、以前ブログで「セッターの基礎」についての内容を書きました。

画像や動画をつかって解説しているので、イメージしやすいと思います。

 

 

(参考ブログ)

【セッターの基礎①】ボールの下への入り方

【セッターの基礎①】ボールの下への入り方

 

【セッターの基礎②】同じ位置でボールを捉えよう!

【セッターの基礎②】同じ位置でボールを捉えよう!

 

 

この基礎ができるようになればトスは安定してきますし、自信をもってトスを上げられるようになってきます。

さあ、意識して練習しましょう!!

 

 

 

◆こちらの記事も読んでみてください!

「もう部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?