上手にさせる前に「好き」にさせる事が大切

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

 

最近、小学生スクールの保護者から

「いつもありがとうございます。うちの子本当に楽しくバレーしてて、あんなに楽しそうにバレーしてるのみると嬉しくなります。」

というようなお言葉をもらうことが多くなってきました。

 

子供たちにとって一番大事なことは、友達と楽しくボールに触れることで、ボール感覚や空間認識能力であったり、コミュニケーションをとるようになっていくのだと感じています。

 

それが、技術向上にもつながっていきますし、バレーに対する「好き」という気持ちも大きくなっていきます。

 

一番は楽しくボールに触れること

最初は誰でも、ボールをキャッチすることや、投げること、バレーのスパイクなどのボールを叩くということが「難しい」と感じるものです。

ボールはなかなか言うことを聞かないですからね。

 

これを解決するには、運動能力の高い低いに限らず、積極的にボールに触れること

バレーボールだと、1つのボールを友達と繋いでいく中で、バレーに必要なたくさんの能力がついていきますし、どうやったら繋がるのか?を自然と考えるようになっていきます。

 

小学生は身体的成長もまだまだですし、プロでも難しい「完璧なボールコントロール」というのは、できるはずがありません。

 

バレーを上手にさせる前に「好き」にさせる事

 

バレーが楽しい!早く次の練習にいきたい!と感じてもらうこと、もっとバレーを楽しみたいと思ってもらうことが大切だと思っています。

 

 

 

小学生バレーボールスクール詳細!

https://lead-va.com/volleyballschool-child