日米のバレーボールの違い

石川県/LEAD/バレーボール教室/バレーボールスクール

前田幸介

 

先日、バレーのコーチングの勉強の為、アメリカ(アトランタ)へ行ってきました。

 

バレーボールクラブと大学バレーの視察や練習見学をさせていただき、日本とアメリカのバレーの違い、考え方の違いを目の当たりにしてきました。

また様々なコーチとの交流や、Big Southというとても大きな大会の視察をし、本当に多くの学びを得ることができました。

 

今日は、日本とアメリカのバレーの違いについて、僕なりの感想をお伝えします。

 

 

フォーム重視の日本


日本のバレーはフォームを重視し、技術向上に繋げるという指導が主流。

実際に、私の指導方法も「良いフォームを作り、ミスを恐れずチャレンジする」ということを中心に指導をしている。

(要するに『結果さえ良ければいい』ではなく、プロセスを大切にしている指導者が多い。)

 

なぜ、これほどまでにフォームにこだわるのか。

 

それは、フォームが悪いと

・返球が安定しない
・ボールが上がらない
・次に繋がらない(さわって終わり)

ということになるから。

 

良いフォームがわからないと、せっかく一生懸命ボールを追いかけてもボールにさわっただけで終わってしまったり、やる気があって「上手くなりたい」「決めたい」と思っていても、どうしていいかわからない、ということになるわけです。

これではもったいないですよね。

 

 

そもそも日本人は、海外の選手と比べると、体格や身体能力が劣る。

 

日本が、体格で勝っている世界に勝つ方法があるとしたら、それは、技術の精度を高め、スピードのある攻撃を展開すること。

このことはすでに、代表選手だけではなく、各カテゴリの指導者は理解していることだと思う。

 

正直、アメリカの各年代のバレーを見たが、日本の技術は相当高いということを実感した。

それは、プレーを安定させるために、フォームにこだわってきているからだ。

 

 

自由の国、アメリカ


一言でいうと、自由にのびのびとプレーをするのがアメリカ式。

アメリカのディフェンスは基本的に「上がれば良し」です。

 

手足が長く、身体能力もとにかく高いので、手を出せば簡単にボールに届く。

そして、「こういう時は〜しなければならない」「〜してはいけない」といったルールはあまり感じられず、選手は自由に自分のプレーを選択し、高さのあるパワフルな攻撃を展開する。

 

 

コーチはとにかく選手を褒める。怒鳴っているコーチはほぼいない。

よって、選手はミスを恐れずチャレンジする。コーチは、ミスした選手のチャレンジを褒める。

 

コーチと選手が一体となり楽しんでいて、コミュニケーションの取り方がとても上手い!

 

選手もコーチもガッツポーズ・ハイタッチ・表現も豊かで、見ていて楽しい。

そして、これはアメリカの「教育」からきていると感じた。

 

身体能力頼みのところもあるが、自由にバレーができているからこそ、常にチャレンジしミスを恐れず思い切りのあるプレーができている。

 

 

日本+アメリカ


日本の「フォームにこだわり、プレーを安定させる」ということは素晴らしいことだ。

小中学生の頃から、基礎や基本を教えるコーチがいるからこそ、日本は世界に勝つことができる。

 

しかし、フォームや決まりごとを重視しすぎるが故に、選手の自由意思を奪っているということも感じた。

 

 

いかに日本の良い文化や伝統を残しつつ、

自由なチャレンジ・個性や才能を引き出せるかどうかが、

今後、日本のコーチに求められることだと思う。

 

 

 

昨日は早速、アメリカの大学でとてもいい練習プログラムがあったので、それに日本らしさをプラスした独自の練習を試してみました。

子どもたちは楽しそうに、いつも以上に声を掛け合って練習していたし、技術向上にもかなり効果的な練習だった!

 

僕は今後も子どもたちと共に、チャレンジを楽しんでいきたいと思います!

 

 

 

LEADバレーボールスクールは、現在、無料体験募集中です♪

小学1年生〜中学3年生が楽しく通っています!

→ お申込みはこちらから