石川県/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/LEAD

メンタルコーチ 前田佳奈

 

先日、スクール内の交流大会「LEAD CUP」と中学3年生の送別会を行いました。

例年通りであれば交流大会と送別会は別々の日に行い、送別会はパーティー会場で盛大に行うのですが、、、

今年はコロナ禍の為、そうはいきませんね。

それでも!規模は小さいですが、楽しい思い出になればと思って企画しました!

 

LEAD CUPは、【U-12男子 vs U-12女子】【U-14女子】【中3男子 vs 中1・中2・コーチ】の3試合を行いました。

日頃の練習の成果が発揮できた子もいれば、なかなか思い通りにいかなかった子もいたと思いますが、今後のステップアップに繋げてほしいです!

U-12男子 vs U-12女子

U-14女子

中3男子 vs 中1・中2・コーチ

 

寝ぐせで練習に来ていた少年の話

その男の子はいつも「寝ぐせ」をつけて練習にきました。

声もほとんど出さないし、ガッツあるプレーも特になく、いつも無表情で練習していました。バレーボールにはあまり興味がない様子。

きっと、お母さんに促されて、お兄ちゃんの練習についてきていた感覚でしょうね。笑

 

練習中はコーチや先輩たちから「ボケーっとしとんなよ!」「起きとるかー?」といじられるのがお決まりのパターン。笑

 

そんな小学5年生の男の子は、今年スクールを卒業しました。

あの時の少年はどこへ行ったのか…

今では誰よりもバレーに夢中で、練習が終わっても「もう1本!もう1本!」となかなか終わろうとしない。

もっと高く跳びたい!もっと強く打ちたい!もっと上手くなりたい!

そう顔に書いてある少年に成長しました。

 

そして彼は、全国屈指の強豪校へ進学します。

 

寝ぐせ少年がここまで成長するなんて…

いつどこにきっかけがあったのかわかりませんが、私たちコーチは、彼から本当に多くのことを学びました。

 

厳しい環境に進んでも、持ち前の明るさとマイペースな性格で、多くの壁を乗り越えてくれることでしょう!!

 

コーチ冥利に尽きる

毎年、卒業生からいただく手紙。

そこには数々の感謝の言葉が綴られています。

そのほとんどが、「昔は○○だったけど、今は●●に変われた!」という内容です。

 

  • 人見知りの自分だけど、他校の友達がたくさんできた
  • バレーが嫌いになりかけていたけど、大好きになった
  • 消極的だったけど、アピールすることの大切さを学べた
  • 弱気な自分に~~とアドバイスしてくれて、今でもその言葉が胸に残っている
  • 苦手なレシーブが、自分の得意に変わった

 

私たちは環境を作っただけで、成長していくのは子ども達。

苦手な部分にトライして、自分のネガティブな部分とも向き合って、乗り越えていく。

そんな子ども達の成長を近くで見守ることができて、本当に幸せです。

 

高校に行っても、元気に楽しく挑戦し続けてほしいと思います!

つらい時や困った時は、いつでも帰れる場所として、LEADを守ります。

 

これからも、よろしくお願いします!^^