それって本当にメンタルが原因?「メンタル」の落とし穴

石川県/LEAD/スポーツメンタルコーチ

 

前田佳奈です!

 

以前のブログで、「うちの子は本当にメンタルが弱くて・・・」という保護者や指導者に対して、

私は必ず『なぜ、メンタルが弱いと思われるのですか?』と確認すると言いました。

 

緊張する・プレッシャーを感じる=メンタルが弱い、と勘違いしている方が多いのですが、

大事なのは「コントロールすること」だとお伝えしましたよね。

 

 

こういった“メンタルが弱い”という勘違いは、

保護者や指導者だけの話ではなく、実は子どもたちにも多いのです!!

 

この勘違いは、一度はまると、なかなか抜け出せない大きな落とし穴

 

 

今日のブログは、とても大事な内容です。

必ず、最後まで読んでください!

 

 

それって本当にメンタルが原因?

 

子どもたちから、「僕(私)、メンタルが強いんです!」なんて言葉、聞いたことがありません。

それくらい、今の子どもたちは自分に自信のない子が多いです。

 

「自信がありません。」

「メンタルが弱いんです。」

 

そういう子に対しても、私は必ずこう言います。

 

『なんで、自分はメンタルが弱いと思うの?』

 

それに対する答えはこう。

 

「大事な場面で、サーブをミスしてしまって・・・」

「チャンスボールを相手に返してしまって、そこから連続失点でした。」

「スパイクを全然決められなかった。」

 

私はいつもこう思います。

 

『それって、メンタルが弱いことになるの?』

 

あなたは、どう思いますか?

 

 

人は誰でも、強いメンタルを持っている!

 

『それって、メンタルが弱いことになるの?』

「えっ?・・・でも私、いつもそうなんですよ。」

『勘違いじゃない?笑』

「えー!勘違いですか?」

『下手なだけでしょ!笑』

 

『〇〇は、そんなにメンタル弱いとは思わないよ?強いメンタル持ってると思うけどな!』

 

この言葉は、落ち込んでいる子どもを励ますために、言っているのではありません!

私は、本当にそう思うのです。

 

みんな誰でも、強いメンタルは持っていると思います。

ただ、発揮できていない場面があるだけ。

 

 

「え~、でも~、お前は本当にメンタルが弱い!って、いつも言われますよ。」

気持ちが弱いからミスするんだ!って言われます。」

 

子どもたちは、親や指導者に言われた言葉を、真実だと受け取ります。

 

そして、その思い込み(思考)「現実化」するのです。

 

 

プレーのスキルか?メンタルか?

 

私たち大人は、それが本当に“メンタルが弱い”のか

それとも、それ以外に原因があるのかを、見極めなくてはいけません。

 

もしかしたら、練習量が足りないのかもしれないし、

経験不足かもしれないし、ただ技術が足りていないだけかもしれません。

 

それを“メンタルが弱い”という一言で片づけてしまうと、

子どもは「自分はメンタルが弱いんだ」と思い込んだまま、成長していくことになります。

 

そんな子が、試合の大事な場面で、持っている力を発揮できるでしょうか?

 

 

 

LEADコーチの主人は、いつもこう言います。

『フォームが安定していれば、たとえ弱気でも、ボールは必ずセッターにかえる!』

『安定したフォームを身につければ、大事な場面でも強気でプレーできる!』

『それが、自信になる!』

 

 

LEADがフォームにこだわるのには、理由があります

 

私たちは、子どもたちの夢を全力でサポートしていきたいと思っています。

みんな、自分が持つ強いメンタルを発揮することができるのです!

 

 

ぜひ、私たちと一緒に『大きな夢に向かって挑戦することの楽しさ』を味わいませんか?

↓ ↓

バレーボールスクールの無料体験はこちらから