石川県/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/LEAD

前田幸介

 

前回のブログでは、上達するためには学んだことインプットするだけでなく、実際にプレーすること、さらには他人に教えるアウトプットが大事だという話をさせてもらいました。

そこで今日は、他人を教えるアウトプットにプラスして、圧倒的なスピードで成長する秘訣をご紹介していきます!

 

仲間のプレーの何を見てる?

あなたは普段から、チームメイトがプレーをしているときに、何を見ていますか?

もっと打ちやすいトスを上げてくれよ・・・

頼むからミスしないで。

他人のことよりも、とりあえず自分のことに集中、集中!

練習中このような思いを持ちながらチームメイトをみていたり、自分のことだけを考えてプレーしていませんか?

また、他人がプレーしている時は”休憩時間”になっていることはありませんか?

もし、そうだとしたら、あなたの成長スピードを下げている可能性があります。

 

では、チームメイトの何を見るのが良いのかをご説明します。

 

歴代のLEAD生が圧倒的なスピードで成長したものとは

今の高校2、3年生達が中学生時代の話です。

この年代のスクールに通っていた子達は、強豪校と言えるような部に所属する選手はいませんでしたが、とても向上心が高く、「上手くなりたい!もっと練習したい!」という気持ちがとても強い子達でした。

この子達は、自分だけが上手くなりたいとか、コートの外にいる時間に休憩していることはなく、常に自分たちもコーチのように教え合っていました。

「今の俺どうなってた?」

「目線が浮いてる!」

「もっと腰を入れるイメージじゃない?」

「次やってみるし、見とって!」

「今の良かったと思う!」

常に、このような声が体育館に響き渡っていました。

時には「もっと声を出せよ!」と厳しい言葉をかけ合う場面もありましたが、みんなで上達しようという気持ちが強いため、それで関係が悪化するようなことは一切なく、むしろ「ダメなところあったら遠慮なく言ってほしい!」と言い合っていましたね!

 

自分達で練習する

コーチのアドバイスを聞きながら練習することも上達に繋がりますが、やはり仲間同士で教え合っている子達の上達スピードは全く違います。

練習の雰囲気が悪い時は、僕たちコーチが何も言わなくても、選手自ら集まって声をかけ合ってモチベーションを高めていましたし、そうやって良い練習を作っていきました。

この子達は、僕がびっくりするぐらいバレーが上手くなり、バレーだけではなく、チームワークやリーダーシップを学び、高校でも中心人物として活躍していました。

 

そして今では、小学生スクールのコーチとして、教えにきてくれている卒業生もいます。選手時代から教え合っていたからか、僕が嫉妬するくらい上手に教えていますね。

 

僕自身、この子達への指導を通して、改めて仲間と切磋琢磨することの大切さを感じさせられました。

今のLEAD生もこの大切さに気付き始めているので、今後の成長に期待しています!

 

あなたも、仲間と共に教えあうこと、共に成長しようとする切磋琢磨を真剣に考えてみてください。

現状よりも、さらに成長スピードは上がりますので、トライしてみてください!

 

それでは!