石川県/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/LEAD

前田佳奈

 

今年に入ってから、小学6年生(春から中学1年生)の体験・入会がとても多くなっています。

この時期から中学生と練習するのは本当におすすめ!

 

ローテーションなどルール変更に慣れることができる →即戦力!

ネット・ボールの変化、スピードに慣れることができる →即戦力!

意識が変わる(親から自律し始める) →即戦力!

先輩とのコミュニケーションがとれるようになる →即戦力!

まるでスポンジのように急成長する →即戦力!

 

中学生活が始まると、子供達はやらなければいけないことがたくさんありますよね。

環境や生活時間の変化に対応しなきゃいけないし、新しい友達や先輩とのコミュニケーションもとらなきゃいけないし、新たな分野の勉強・宿題・テストもやらなきゃいけない。さらには、部活動で中学バレーのルールを覚えて・・・となると、なかなか今までのように心や身体がついていかない子も多いのですが、、、

ここ数年の傾向を見ていると、春からスクールに参加している子は環境の変化にもうまく対応し、学校の同級生よりも早く部に馴染み、即戦力になっている子が多いです!

 

部活が始まっても、7月後半の3年生最後の県大会が終わるまでは、ほぼボール拾いや先輩のサポートにまわる場合が多いので、この春に練習していると「新チームでレギュラーになりました!」みたいな報告が本当に多いんですよね!

 

そんな新中学1年生のみんなに、今日はあるメッセージを伝えたくてブログを書きます。

 

自分らしく挑戦しよう!

スクールに入会したばかり、部に入部したばかりの頃は、いろいろと「探り探り」の状態だと思います。

どんな場所なのか?どんな人がいるのか?どんな様子なのか?を観察している感じ。

一つ間違えば、まわりの人との関係がうまくいかなくなることもありますから、初めが肝心ですよね!

 

だけど、これから中学生・高校生・大人になっていくと、まわりの人や状況を見ながらも「自分らしさ」を大切に生きていかないと、ストレスばかりの疲れた人生になってしまいます。

自分の気持ちに嘘をついてまで、友達に合わせることはない!ということです。

 

あまりにも人の目ばかりを気にしていると、新しい挑戦ができません。

挑戦しないと、成功も失敗もありません。

 

そうこうしているうちに、自分らしく挑戦している子、失敗と成功を繰り返している子たちに大きな差をつけられます。

 

自分が「やりたい」と思ったことは、やってみる!

まわりの友達に遠慮して、我慢する必要はありません^^

 

体育館は『失敗』するところ!

挑戦に「失敗」はつきもの。なぜなら私たち人間は、完璧ではないからです!

誰だって最初からうまくはいきません。

 

失敗して誰かに笑われたり、恥ずかしい想いをしたとしても、何も気にしなくて大丈夫!

その「誰か」も、最初は何もできなかったはず。

 

失敗しない方法が知りたいなら教えます。簡単です。挑戦しなければいい!

でも、失敗しないと同時に「成功もしない」ということも、知っておいて。

 

教室も体育館も『失敗』するところ!

 

失敗するから、自分の苦手(課題)が見つかるし、次は失敗しないように練習(対策)できる。

それが成長するということです!

 

たくさん失敗すれば、たくさん課題が見つかります。→全部、伸びしろ!

人より早く失敗すれば、人より早く成長できます。

 

この春のうちにたくさん失敗して、さっさと成長しちゃおう!^^

それでは!

 

 

PS.現在、春の入会キャンペーン開催中です。特典として、スクールTシャツ(3,000円相当)をプレゼントしています。まずは無料体験にお越しください!^^