なぜフローターサーブが狙ったところに打てないのか?

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

前田幸介

 

あなたは「フローターサーブが真っ直ぐ打てない・・・」と悩んでいませんか?

 

真っ直ぐ打てないのには、理由があります。

それは、あることをちょっと意識するだけで、改善することが可能です!

 

 

何で真っ直ぐ打てないの?

 

サーブを打った後、こんな仕草をすることはないですか?

  • ボールが真っ直ぐ打てなくて、首をかしげる
  • ボールが手に当たらず、何回も手を見る

 

スクール生にも、こんな仕草をする生徒がいるが、

手からは何も出てきません!笑

 

決して手が悪いのではなくて

それは、サーブを打つためのトスが大きく関係しています。

 

 

動画を見て勉強しよう!

 

今回、動画で解説します!

 

注意して見てほしいのは、2つ。

  1. トスの上げる方向
  2. 体の軸がブレていないか

 

 

まずは、うまくボールをヒットできていないフローターサーブから。

 

 

 

次に、うまくボールをヒットすることができているフローターサーブ。

 

 

 

さて、問題です!

この2つの動画を見比べて、何が違うでしょうか?

 

もう一度見て、考えてみてください!

 

 

トスを安定させることがサーブのコツ

 

上の動画を解説すると、

 

最初の動画では、

トスを左の方向にあげてしまっているため、

体の軸がブレてしまい、うまくボールをヒットすることができていません。

 

そのため、ボールに変な回転がかかったり、体に負担もかかります。

 

 

次の動画では、

ボールトスを時計でいう「2時の方向」にあげることで、

右肩の上にボールがあり、体を傾けたり、手で調整をしなくて済むので、

うまくボールをヒットすることができています。

 

また、ボールトスを2時の方向+少し前にあげれば

力の調整もしやすく、体重ののったサーブが打てます!

 

 

 

LEADでは、動画を撮ってスクール生に見てもらい、

  • 今の自分がどんなフォームになっているのか
  • どこを修正するといいのか

 

自分で考えてもらいながら、指導を行っています。

 

そうすることで、

プレーがうまくいかなくなった時や、わからなくなった時に、

自分のフォームを確認して、自分で修正することができるようになります。

 

 

 

最後に、今日の内容をもう一度おさらいすると、

大事なのは『トスを安定させること』でしたよね!

 

  • トスを時計の「2時」の方向にあげる
  • トスを少し前にあげる

 

 

 

この2つを意識して、練習してみてください!!

 

それでは、また!

 

 

 

◆こちらの記事も読んでみてください!

「もう部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?