レセプションの前に、味方にどのような声をかければいいの?

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

 

あなたは相手がサーブを打つ時、

・こーい!こーい!
・1本切るよー!
・1本あげるよー!

このような声かけを一生懸命出していませんか?

 

確かに、1本で切りたいという気持ちミスせずに上にあげようという気持ちはわかるが、

 

実際このような声かけって、前回のブログと同じで、

そんなこと言われんでもわかっとるわい!!

って、なりますよね。笑

 

では、相手がサーブを打つ時は、味方にどのような声かけがいいのでしょうか!?

 

 

①確認の声かけ

相手がサーブを打つまでの数秒間の間に、味方への「確認の声かけ」ができるかが重要です。

例えば、

「あの選手のサーブ早いから、無理ぜず上でいいよ!肩から上は後ろの人がとるようにしよう!」
「前後揺さぶってくるし、俺少し前出るから、後ろカバー入ってくれ!」
「幸介!前頼むよ!」
「コーナー狙ってくるし、少しライン側から中に入るか!」

 

最低でも、とりあえずこれぐらいは確認しないといけない。

自分の守備範囲、相手の狙ってくる場所、どんなサーブを打つ選手なのか、試合中の少ない時間の中で、コミュニケーション(大事な声かけ)をしないとレセプションの返球率が下がるし、相手にブレイクポイントを取られるきっかけになる。

特に、リベロには相手サーバーへの観察力、そして、チームの守備への指示力がすごく必要とされるポジション。

 

声かけ一つでレセプションの返球率が上がると思ってもいい。

 

 

②プレッシャーを与える声

相手にプレッシャーを与える声もとても大切。(もちろんフェアプレーを守ることは当たり前)

例えば、

・前くるよ!
・奥狙ってくるよ!
・ライン側狙ってくるぞ!
・ジャンプ巻いてくるよ!

 

これに関してもまだまだありますが、これは最低限のプレッシャーを与える声かけです。

このような声かけは、結果的に違ってもいいから、出すことに意味があるし、
相手へのプレッシャーを与えることだけではなく、味方への声かけにも繋がります。

 

サーブを打つ相手には、聞こえていないかもしれないが、仕草や顔を見れば、
「あっ狙い所もうバレてる。次どこに打てばいいんかな。。。」

相手にプレッシャーをかけ、相手と駆け引きをすることも大切です。

 

 

これだけでも、レセプションの返球は変わってきますし、サイドアウトに繋がります。

 

 

まとめ

 

相手がサーブを打つ時は、

①レセプションに対する確認の声かけ

②相手にプレッシャーを与える声かけ

 

決して、相手がサーブを打つ時に「こーい!こーい!」と言っている暇はないので(笑)

次のプレーに備えて、この2つの声を出しましょう!

 

 

ぜひ、試してみてください。

それでは。

 

 

 

LEADバレーボールスクール!

無料体験は下記をクリック!

https://lead-va.com/school-program/volleyball-school