味方がサーブを打つ時、どんな声をかければいいの?

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

 

あなたは味方がサーブを打つ時、

・ナイッサー!(ナイスサーブ)
・狙ってけー!
・入れてけー!

このような声かけを一生懸命出していませんか?

 

スクール生に「この声かけってどんな意味あるの?」と尋ねると、

「いいサーブ打って」「狙っていけよ」「ミスするなよ」というような意味だそうです。

 

実際このような声かけって、

そんなこと言われんでもわかっとるわい!!

って、なりますよね。笑

 

では、味方がサーブを打つ時はどんな声かけがいいのでしょうか!?

 

 

①確認の声かけ

ラリーが終わって、サーブの笛がなるまでだいたい7秒ぐらいはある。
そして、笛がなってから、サーブを打つまでに数秒ある。

その数秒の間で相手をみて、味方への「確認の声かけ」ができるかが重要です。

例えば、

「前衛2枚でセッターツーあるから、レシーブ前からスタート。
レフトのブロック、ストレート締めるから、クロスの位置どりとストレートのフェイント頼むね。
センターのブロックはレフトがヘルプして。」

 

まだまだあるが、とりあえずこれぐらいは確認しないといけない。

チームの決め事、試合中の少ない時間の中で、コミュニケーションがしっかりとれるチームは、
ミスが少なく、簡単にボールを落とさないチームになる。

一番はトータルディフェンスが、声かけによって変わってくるのでとても重要だ。

 

 

②プレッシャーを与える声

相手にプレッシャーを与える声もとても大切。(もちろんフェアプレーを守ることは当たり前)

例えば、

・2枚!ツーあるよ!
・クイック、平行!
・クイック多いよ!
・ライト、中に入ってくるよ!

 

これに関してもまだまだありますが、これは最低限のプレッシャーを与える声かけです。

この声かけは、相手へのプレッシャーを与えることだけではなく、
味方への声かけにも繋がります。

 

「ブロックを絞る」「打たせるコースを仲間に伝える」「相手にプレッシャーをかける」

 

これだけでも、トータルディフェンスは変わってきますし、ブレイクポイントに繋がります。

 

 

まとめ

 

仲間がサーブを打つ時は、

①ディフェンスに対する確認の声かけ

②相手にプレッシャーを与える声かけ

 

決して、サーブを打つ仲間をみて「ナイッサー!」と言っている暇はないので(笑)

次のプレーに備えて、この2つの声を出しましょう!

 

 

ぜひ、試してみてください。

それでは。

 

 

 

LEADバレーボールスクール!

無料体験は下記をクリック!

https://lead-va.com/school-program/volleyball-school