もしも子どもが、自信をなくして嫌になっていたら・・・

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

お子さんが、なかなか自分の成長が感じられず、練習が嫌になっていたり、やる気をなくしていることがありませんか?

  • プレーが上手くいかず楽しくない
  • 新しいことに挑戦するのを恐れている
  • できたり、できなかったり、プレーが安定しない

このような悩みはみんなが経験することですが、こうした状況から自分で抜け出すことができる成長していく選手」と、ここで成長が止まってしまう選手(投げ出してしまう選手)に分かれます。

このような悩みから抜け出す解決策は小さな成功体験を積み重ねることです。

『成功体験』が自信になる

『成功体験』を簡単に説明すると、

  • 成功:「目標を達成すること」「やりたいことが上手くできた」
  • 体験:「自分で実際にやってみること」

この2つを組み合わせたのが成功体験=「目標を立てて、実際にやってみたら、うまくできた」となります。

そして、この成功体験が「自信」です!

自信をつけるためには、なにも大きな目標を立てて大成功を収める必要はありません。

まずは小さな目標を設定し、一つずつクリア(達成)していくことで自信となり、

  • 苦手なことにも挑戦できるようになる
  • 次の目標達成に向けてのモチベーションが高まる
  • 楽しくてたまらない!もっとやりたい!

そして、最終目標に向けて「自分ならできる!乗り越えられる!」と思えるようになるのです。

僕がもったいないと思うのは、最初から大きな目標に挑戦しようとして、うまくいかずに嫌になっていく子です。

「最初からできる人はいないよ?」そんな励ましは、こういう子にはあまり通用しません。

うまくいかない自分に対して、やはり自信を失くしてしまいます。

失敗をくり返すと、プレーに苦手意識がついてしまい、消極的に・・・

こうなってしまうと、モチベーションも下がりますし、成功からは遠ざかってしまいます。

まずは小さな目標(スモールステップ)を設定し、成功体験を重ねていくことが大事です!

「できた!クリア!」を積み重ねると自信がつくので、うまくいかない時も挑戦できるようになるでしょう。

自信は「練習以外」でもつけることができる

成功体験を積み重ねることは、チームの練習時間内にやるのは少し難しいかもしれません。

なぜなら、バレーは個人競技ではなくチーム競技なので、練習メニューが「個人の成長」を考えて組まれていない場合が多いからです。

そこで、練習前後や家に帰ってからの「自主練の時間」をうまく使って成功体験を積み重ねることが大切です。

例えば、

  • 練習前に、自主トレーニングを3セット行う
  • 練習後に、毎日10分、コースを狙ってサーブを打つ
  • 夕食後に、YouTubeなどで上手な選手のプレーを観る
  • 寝る前に、毎日10分、ストレッチを行う

このように、自分で決めた目標をちゃんと続けていくことで、自信をつけることができます。

※このとき、数字目標を決めるのがコツ!(●回、●分、●セットなど)

「今日もできた!」

「疲れていたけど、今日もやり遂げた!」

「今日は5分多く頑張ろう!」

練習以外の時間でつみあげた自信であっても、必ず練習や試合で生きてきます。

もしもお子さんが、やる気をや自信をなくしている時は、小さな目標になっているかチェックしてあげてください。

そして、小さな「できた!」を積み重ねて、自信に変えていきましょう!

それでは今日はこのへんで。

なぜ、家でゲームばかり…学校でも控えめだった子が「中学生の練習にも参加したい!」と積極的になったのか?

LEAD小学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯小学生バレーボールスクール