挨拶できる子どもたち

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

メンタルコーチ 前田佳奈

あなたのお子さんは、、、

  • 朝起きたら「おはよう」と言いますか?
  • ご飯の時に「いただきます」「ごちそうさま」と言いますか?
  • 習い事の送り迎えをした時に「ありがとう」と言いますか?

子どもには、誰とでも元気に挨拶のできる「社交的」で「明るい」子に育ってほしいと思っていても、家族間では意外と挨拶を交わしていない・・・なんてことも、あるかもしれません。

挨拶はコミュニケーションの第一歩。

挨拶した方もされた方も気持ちがいいし、感謝やねぎらいの気持ちを伝えることもできますね。良い人間関係を築くためにも大切です。

今日の記事は、挨拶のできる子どもたちがテーマです!

「ありがとう」が言える卒業生

先日、卒業生のお宅にお呼ばれされて、食事をいただいた時のことです。

先に食事を終えた卒業生のNちゃんが言ったひとことがとても素敵で、私は衝撃を受けました。

「ごちそうさま。ママ、ご飯ありがとう!美味しかったわ」

「ごちそうさま」まではわかります。私も習慣になっているので、自然と言っています。

でも、「ご飯ありがとう、美味しかったわ」なんて、言いますか???

食べている途中に、美味しい!美味い!とか言うことはあっても、食後に食器を片付ける時に言っているのが本当に素敵だなーと思ったわけです。

私たちコーチがいるから言っている感じではありません。普段から言っているのは、親子の自然な会話からわかりました。

そういえばNちゃん、スクールに通っている時も、送迎してくれた親に毎回「ありがと〜」って言っていたんです。

「ありがとう」が言える夫

また、これはノロケでもなんでもないんですが(笑)

夫にお弁当を作ると、帰宅した時に必ず、

「弁当ありがとう」

と言われます。

この一言があるのとないのでは、本当に違います!!

わかりますよね!?

夫婦円満の秘訣はこれじゃないかと思ったりするわけです。

だから私も、「洗濯ありがとう」とか「ゴミ出しありがとう」をちゃんと言います。

(洗濯とゴミ出しは幸介さん担当なんだ…とか思わないでくださいね!私もやります!笑)

「ありがとう」が言える子どもたち

小学生スクールの子どもたちに、「挨拶をしっかりしよう」などとは言ったことがありません。なぜなら、挨拶は強制されてやるものではないと思うからです。

それなのに、練習後は全員が、

「佳奈さ〜ん!ありがとうございました!」

と言いに来てくれます。

お友達と一緒じゃなく、みんな一人で言いに来ます。

私が何か作業をしていたり、遠くにいても、必ず近くに来て「ありがとう」と言ってくれます。誰かと話していたら、話が終わるまで待ってくれる子もいます。

私も「ありがとう。お疲れさま!」と返します。

(個人的には、ありがとうの前の「佳奈さん!」と言ってくれるのも嬉しいです。)

なぜ、挨拶できるのか?

子どもたちはなぜ挨拶できるんだろう?と、さかのぼって考えてみました。

そんなルールを作った覚えはないんです。

ただ一つだけ思い当たるのは、スクールを始めた当初から、私たちコーチと保護者のみなさんが、毎回練習終わりに「ありがとうございました」を言い合っていることです。

きっとそれを見ていた子どもたちが、大人に習って言うようになったんだと思います。

挨拶に対して私が思うのは、

  • 大人が挨拶していれば、子どもも挨拶できる
  • 笑顔で挨拶すれば、相手も笑顔で返してくれる
  • 「ありがとう」はみんなをハッピーにする!

この3つです。

LEADには、小学生も中学生も、挨拶のできる子どもたちがたくさんいます!

そのおかげかな?今までスクール生同士のケンカやいざこざは、一度もありません^^

なぜ、家でゲームばかり…学校でも控えめだった子が「中学生の練習にも参加したい!」と積極的になったのか?

LEAD小学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯小学生バレーボールスクール