【高校生インタビュー】僕が人見知りを克服できたのは、みんながいたから

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

こんにちは!佳奈です。

今日は、LEADを卒業した高校3年生に「バレー経験談」をインタビューさせていただいたので、ご紹介します。

高校3年生 K君!

佳奈:今日はよろしくお願いします!

K君:おねがいしまーす!

佳奈:LEADにはいってて、自分が成長したな~と思う部分は、どんな部分ですか?

K君:成長、成長・・・。んー、けっこう自己中やったんですよ。そのー、自分が打てんかったらトスのせいにしたりとか。そういうのが、なんか違うなーっていうのがわかって。自分の力を、レベルアップしようとかしてました。

佳奈:それって、どんな時に、そう気づいた?

K君:あー、それはなんか、ミスったりしたら、トスは注文っていうか、セッターに言ったほうがいいって幸介さん言うじゃないですか?

佳奈:うん

K君:その時に、あ、でも、むずいんやろうな?っていうのをやっと知って(笑)

佳奈:うん、うん(笑)

K君:セッターやからできるっていうことじゃないし、レシーバーやから全部拾えるんじゃないっていうのがわかって。そのー、どんなトスきても打てるように自分がなりたいなっていうか。

佳奈:バレーの技術面でいうと、そういう部分だと思うんだけど、技術面以外で、自分が変わったなーって思う部分とかある?

K君:んー、なんやろ。

佳奈:性格とかでもいいし、人間的な部分?でもいいし!

K君:あー性格は、めっちゃ人のこと考えるようになりました!バレーだけじゃなくて、学校の面とかでも、考えるようになったかなーって。

佳奈:うんうん!なんか私、覚えとるげんけど、LEADを卒業するときに『人見知りが少し治ったと思う』って言ってなかった?それが印象的で。

K君:あー、言ったかも!たしかに、それ、ありますわ。それでなんか、高校入ってからも周りにバァーっていけたし、みたいなのもあると思う。

佳奈:その、最初はほら、恥ずかしかったり恐かったりとか、いろいろあると思うげんけど、

K君:あ~はい、はい。

佳奈:それが変われるきっかけみたいなのって・・・。人見知りだったら、そんな声出したりとか、なんか人に聞いたりとか、いろいろできんこと多いと思うげんけど、どういうタイミングでっていうか、何がきっかけで変われたん?

K君:それは、まわりのおかげやと思います。まわりが、その、●●(名前)とか、めっちゃ声かけてくれるじゃないですか?

佳奈:うんうん!

K君:それで、そのほかのメンバーも声かけてくれるし、そうなったら自分も自然に話せるようになってったっていうか。

佳奈:ふ~ん!じゃぁまわりのメンバーが、いっぱい話しかけてくれたり練習中に声かけてくれるから、自然と自分も、まわりに声かけれるようになっとったってことやね!

K君:そう、そんな感じです。

佳奈:それが、高校でも活きとる?

K君:あ、でも活きとるんじゃないかな。

佳奈:どういう時にそう感じる?

K君:んー、バレーの時にっていうか部活の時に、後輩がなんか、いいプレーできんくてしょげとる時とか、中学の時の僕やったら絶対無視してたんですよ。僕も自分のことで精一杯やったから。けど、その、高校なってから普通に、「なんで、そんなんなっとるん?」とか聞いて相談乗って、もう、、、知っっっとる限りの知識でかえしてあげた(笑)

佳奈:あははは(笑)知っっっとる限りの知識で!

K君:「こうしたら、こうなる!っていうのを・・・言っとった気がする!」って(笑)

佳奈:あ!こうしたらこうなるって幸介が言っとった気がするっていうのを、全部言ってたってことやね!

K君:そう!それをただひたすら!

佳奈:なるほどね~!

K君:そういうのだけをひたすらに、部員に言ってました!

佳奈:じゃぁ、やっぱり、LEADでの経験とか学んだことが、高校で活かされとるってことやね!

K君:もう、ぜったい活きてますね!

佳奈:じゃぁ、えっとー。ほら、今コロナで大会とかなくなったじゃん。

K君:はい。

佳奈:なんか率直に、今の心境ってどんな感じ?

K君:あ~。今のっすか?

佳奈:うん。

K君:なんだかんだ2年間、ちょっと濃かったな~と思いながら。大会とかも全然でれてなかったけど、毎日一人で準備して、みんなくるの待っとるのとかも、全然たのしかったし。

佳奈:うん。

K君:なんだかんだ最後って、やっぱ大会?があって、まぁ、負けるか勝てるかもわからんけど、それなりに終わるんやろうなーっていうのが、もうなくなって。真剣になんかもう、何しよ?みたいな。何すればいいかわからんくなった、みたいな。

佳奈:うん、うん。どうしていいかわからん、みたいな。

K君:そうっす。大会なかったら、部活も行く意味あるんかな?ぐらいに思ってしまうし。

佳奈:やっぱり大会の存在って、大きい?

K君:めっちゃ大きいと思います。

佳奈:バレーは、今後も続けたいって思う?

K君:あ、でも思いますね。どんなんでもいいんですけど、テキトーっていうか、楽しんでやっていければなーって。

佳奈:バレーは好きなことには変わりないんやね!

K君:そうです!

佳奈:大会がなくなってしまって、目標の大会とかもないかもしれんげんけど、でも・・・今日のインタビューの経験談とかが、どこかの誰かの力になったりとか、役に立つといいね?

K君:あ、本当にそうっすね。こんなんでよければもう(笑)役に立って、バレー始めてくれたら嬉しいです。

佳奈:そうやね!じゃぁ、これから、バレー始める人なのか、もう始めてる人なのかわからんけど、なんか伝えたいこととかある?

K君:伝えたいこと?(笑)

佳奈:うん!

K君:あ、でも、バレーはチームのプレーやから。部員少ないことでわかったけど、チームは大事にしてほしいなっていうのが。

佳奈:部員がなかなか集まらんくて悩んどった時期あるしね?

K君:おることが当たり前でもないし、部員おることはすごい良いことやから。チームを大事にして、全員で頑張っていってほしいなーって。

佳奈:ん~!すばらしい!!

K君:全員に思ってほしいです。

佳奈:そうやね!

K君:はい!

佳奈:今日は、貴重な、すごくいい話が聞けました。ありがとうございます!

K君:いや、全然!ありがとうございます!

さいごに・・・

佳奈です。もう、感動してます。

本当に、成長してるな~って。(泣けてくる!)

中学の時の彼は、言い方悪いかもしれないけど『ナヨナヨ』してて。いつも下を向いて、一つプレーするごとに周りにゴメンって謝ってばかりだったので、「ゴメン禁止!ぜんぶアリガトウ!」って注意したくらいです。

そんな彼ですが、周りのアドバイスもよく聞いて頑張っていたし、高校でも部員を増やすために友達に「バレーしようぜ!」って声かけたり、サボっている部員に「練習しようぜ!」って声かけたり、本当に頑張っていたと思います!

大会はなくなってしまいましたが、彼も言っていたように、このインタビューが多くの人に届いて、人見知りで悩む子を勇気づけたり、チームや仲間を大切にするきっかけになればとても嬉しいです!

(ぜひ、シェアしてあげてください!)

それでは今日はこのへんで。

1ヶ月間の無料体験でスキルアップを実感しよう!

LEADのバレーボールスクールでは、体験月は無料とさせていただいております。
お申込みはこちら!

◯中学生バレーボールスクール