やばい!やべー!やばっ!

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

前田幸介

 

最近、気温が暖かく、過ごしやすい季節になってきました。

ですが僕にとっては、この季節花粉症で鼻水、くしゃみが止まりません。花粉症は人にもよりますが、集中力や体力にも影響あると思うので、しっかり症対策をして、気持ちよく楽しいバレーボールライフを送りましょう!

 

さて今日は、バレーボール選手の悩みについてではなく、最近のスクール生の「プレー中の口癖」について話していきたいと思います。

 

中学生の口癖・・・

選手の口癖によくあるのは

  • やばい!
  • やべー!
  • やばっ!

この3つがとにかく多い。笑

 

あまりにも多いので、やばい!をネットで調べてみました。

 

やばいとは・・・

  • 危険または不都合な様子。状況・具合が良くないさま
  • 非常に興味をひくさま。大変面白いと感じる様子

だそうです。

 

選手だけではなく、僕自身もバレー以外では使う言葉ではあるが、練習や試合中に使う言葉としては、決していいとは言えませんね。笑

もし、この「やばい!」をあなたが連発しているとしたら、それは本当にやばい!です。

 

やばい!がもたらす影響

練習中やラリー中に飛び交う「やばい!」という言葉。

外から見ていると、非常に楽しそうに感じる。が逆を言えば遊んでいるように見える

 

もし、上手くなりたいと真剣に練習をしている選手がいたり、1点を取るために一生懸命にプレーしている選手がいる中で、「やばい!やべー!やっば!」という声が聞こえると、集中してプレーすることができなくなってしまうと僕は思う。

また、自分のミスを「やばい!」と言うことで、誤魔化しているようにも感じる

こんな言葉を試合中でも出している選手がいたら、僕なら絶対狙います。

 

バレーボールはチームスポーツ。

あなただけでなく、周りにも良くない影響を与えるかもしれない。やばい!という声を出すよりも、次にあなたのボールを繋ぐ「仲間のために必要な声」を出さないといけません。

 

仲間はどんな声を必要としているのか、どんな声をかけると仲間を助けられるのかを日々考え、実際に声をかけてあげることが、チームもあなたも成長につながり、良いチームになっていくと僕は考えています。

 

やばい!を違う言葉に変える

では、次にやばい!を違う言葉に変えることを考えてみてください。

難しく考える必要はありません。

 

やばい!→カバーお願い!

やばい!→フォロー入った!

やばい!→打て!いけ!決めろ!

 

このように、自分がミスをした後、仲間に対してお願いの言葉なのか、自分の次の行動を示す言葉、励ます言葉に変えるだけです。

これだけでも、全く違った印象と違う結果が出てくると僕は思います。

 

よく、「どんな声をかければいいかわかりません」と言う選手もいますが、このように自分や仲間が次どのような行動をするのか、してほしいのかを伝えればいいんです。

 

すごく簡単なことですので、もしあなたが今日の話のように、「やばい!」と言っていたならば、実践してみてください。

今よりも、コート内の状況が見えるようになってくるでしょう。

 

それでは今日はこのへんで!