石川県/LEAD/スポーツメンタルコーチ

 

前田佳奈です!

 

 

今日、とっても焦った出来事がありました!

 

ランプがついていたので、ガソリンを入れに行ったら、

給油口が開かないのです!!!

 

 

金髪バイトのお兄さんの話…

 

先に話しておきますが、

私はちょっとのことでは焦らないタイプ。

 

ほとんどのトラブルは「なんとかなる!」と思っているので、普段あまり焦ることはありません。笑

 

逆に、主人は、すぐ焦る人。

おまけに心配性!

 

2人で映画を観に行くとしたら、

主人は、上映時間の10分前に座りたい人

私は、上映時間の後にCMがあるので、10分遅れでも大丈夫だと思っている人

 

「ヤバイって!」と主人が言い、

「大丈夫やって!」と私が言うのが、お決まりのパターンです。

 

 

 

そんなマイペースな私なので、

ガソリンランプがついても、すぐにはガス欠にならないだろうと、

今回は2日もそのまま走っていました。

 

(そろそろ、入れなきゃね!)

 

そう思ってガソリンスタンドに行ったのに、給油口のレバーがうんともすんとも言いません!!

 

車屋さんに行こうかとも思いましたが、少し距離があるので、さすがの私も挑戦する気になれず。

 

 

「あの~。給油口が開かなくて~・・・」

 

近くにいた、バイト(多分)の金髪のお兄さんに声をかけました。

 

『あぁ~、たまにあるんスよね~。ちょっと見ますね。』

 

私は心の中でこう思いました。

(おいおい。大丈夫か、兄ちゃん。わかる人、呼んでこようか?)

 

すると、40歳くらいの、車に詳しそうな先輩が「どうしたの?」と来てくれました。

なぜ私が詳しそうだと思ったかというと、その方の作業服だけ、色が違ったから。

 

(あ~よかった。助かった~。)

 

その方は、本当に車に詳しいようで、給油口のレバーの仕組みを説明してくださったり、

運転席のシートらへんを解体?して、親切に、笑顔で対応してくださいました。

 

 

しか~し!

それでも給油口は開かず!!

 

 

先輩の優しい笑顔が、少しずつ曇っていき、「あれ?おかしいな?」と・・・。

 

そこに、さっきの兄ちゃん登場!

 

「手伝いますか?」

『頼むわ。そのワイヤー引っぱってて。』

 

兄ちゃんが運転席でワイヤーを引っぱり、

先輩が給油口を開けようと試みるも、やっぱり開かず。。。

 

先輩は、車のトランクを開け、どうにかならないかと考えている様子。

 

 

 

「あ、これじゃね?」

 

(おいおい、兄ちゃん。そこはもう、先輩が何度も試してくれたよ。)と私が思った瞬間、

 

 

パカッ。

 

なんと、給油口が開きました!!

 

 

先輩『お前、スゲーな。』

 

(やるやん!兄ちゃん!!)

 

 

 

人を見た目で判断しちゃいけない

 

 

今日のブログ、結局何が言いたいかというと、

「人を見た目で判断しちゃいけないよね」と、あらためて思ったという話です。

 

心理学を勉強したときに、講師の先生にも言われました。

 

私たちコーチは、鋭い観察力を身につけなければいけません。

思い込みをもたないように注意しましょう。

 

時に思い込みは「現実」になる場合がある、と。

 

 

今日は、そうだった~と、気づかされた出来事でした。

(兄ちゃんゴメン!ありがとう!)

 

 

 

コーチとして、子どもたちと接する時も、

勝手な思い込みをもつと、それが現実になってしまう場合があります。

 

 

「やる気がない」と思えば、「やる気がない」ように見え

 

「メンタルが弱い」と思えば、「メンタルが弱い」ように見えてしまいます

 

 

 

私たち人間は、自分の五感フィルター(視覚・聴覚・体感覚・嗅覚・味覚)をとおして、

見えた世界に『意味づけ』をしています。

 

 

そういうことを理解した上で、子どもたちと接すると、

感じ方、見え方が変わってきますよ!

 

 

 

 

LEADのメンタルトレーニングでは

スポーツ指導者向けの研修も承っております。

  • 指導の引き出しを増やしたい
  • 積極的に指導しつつ、選手の自立を促したい
  • 新たな知識を身につけたい

と思っている方にオススメです!

↓ ↓

まずはお気軽にご相談ください