最近、スクールが変わってきた!子どもたちの変化!

石川県/LEAD/スポーツメンタルコーチ

 

 

前田佳奈です!

 

ここ最近、バレーボールスクールに「新たな風」が吹き始めました!

この1ヶ月間に来た体験者、これから体験予定の方は、あわせて15名!!

 

しかも、その半分以上が、「子どもたちや保護者の紹介」です!

 

 

 

LEADのスクール生は、「ただバレーボールがしたい」というだけではなく、

スポ小や中学校の部活動に所属しながら、さらに上達を目指して通う子がほとんど。

  • もっとバレーの練習がしたい!
  • もっと上手になりたい!試合に勝ちたい!
  • 高校に行っても活躍したい!

 

みんな、とても高い意識のもとで、自分の技術をさらに高めるために、スクールに通っています。

 

 

練習に来たメンバー全員が、満足した練習が行えるように、

そして、2時間の練習後、少しでも上達しているように、

私たちコーチは練習メニューを組み立ててはいますが、

 

人数が増えれば増えるほど、1人1人が練習でボールに触れる回数が減ってしまうのがバレーボールです。

 

 

ということは、ですよ?

 

人を誘えば誘うほど、自分の練習が減ってしまうということにもなります。

 

それなのに、「一緒にバレーしよう!」と言って友達を誘う子どもたち。

一体、どんな心境だと思いますか?

 

 

「一緒にバレーしよう!」の奥底にあるもの

 

  • 一週間のなかで1番好きなのは火曜日!LEADがあるから!
  • LEADで練習して、〇〇にも自信をつけてほしい!
  • バレーがもっと楽しくなるし、もっと好きになる!

 

だから、〇〇をLEADに誘ってみた!

 

これは、実際に友達を誘ったスクール生が言った言葉で、

保護者の方がこっそり教えてくれました。

 

・・・泣けますね(T_T)

 

 

練習を見ていてもわかりますが、

LEADには「自分さえ良ければいい」という子は誰一人いなくて、

子どもたちは「みんなで良くなろう!」としています。

 

 

スポーツには勝ち負けがつきものなので、

知らず知らずのうちに、自分さえ良ければいい、となりがちですが、

 

これって、私たち大人も、決して忘れてはいけないことではないでしょうか。

 

 

 

積極的って、こういうこと!

 

昨日も!

ひとつのメニューが終わったら「水分補給!」と言って、1~2分ほど休憩させるのですが、

『幸介さん打ってください!』

『佳奈さんお願いします!』

 

と、1分でもあれば練習したい子どもたちに、コーチのほうがヘトヘト(^^)笑

 

 

「片づけ!」の合図のあとも

『幸介さん、ディグお願いします!』

『佳奈さんレセプションしたいので、サーブ打ってください!』

 

みんなが、限られた時間を大切にしているのが伝わってきます。

 

 

そんな子どもたちを見て、

 

バレーが大好きな子どもたちの為に!

私も、もっと頑張ろう!もっともっと行動しよう!

 

子どもたちのバレー環境を必ず改善しよう!と心から思えるのです。

 

 

 

◆「もう部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?

https://lead-va.com/volleyballschool-middle