石川県/LEAD/バレーボール

スポーツメンタルコーチの前田佳奈です!

 

先日、メンタルコーチングのセミナー講師を務めました。

 

その際に、受講生の方からいただいた質問が

「子どもを褒めると、“調子に乗る”から褒めないほうがいいですか?」という質問です。

 

この質問、けっこう多いんですよね!

 

指導者の方でも、

「うちの生徒は、褒めるとすぐ調子に乗るから、あまり褒めないようにしている」

という方もいます。

 

保護者の方で、

「褒めると調子に乗るので、ガツンと叱ってください!」

という方もいます。

 

 

あなたは、どう思いますか?

 

 

調子に乗って何が悪い!?

 

これは、私と幸介さんが共通している価値観なんですが、

 

『調子に乗って、何が悪い!?』

『乗れるだけ、乗せておけ~!』

です!^^

 

調子に乗ったって、いいじゃないですか!

それで、いいプレーができるんだったら!

 

 

きっと、子どもが調子に乗ることを心配している人というのは、

調子に乗って「失敗すること」を、心配しているのだと思いますが、

 

私たちは「どんどん挑戦して、どんどん失敗しようよ~!」という考えなので、

そんな心配は全くしません^^

 

 

調子に乗っても、壁にはぶつかる!

 

調子に乗っている子の特徴は、

とても楽しそうで、よく声も出ていて、笑顔で、積極的!

 

やったら、やった分だけ上手くいくので、

できないことにも挑戦します!

 

そして、上手くいくので、調子に乗ります!笑

 

 

ここで、心配グループの方は、

これ以上調子に乗らないように、怒ったり、嫌みを言ったりして

本人の気持ちを落とすのですが。

 

 

そんなことをしなくても、

ちゃんと、いつか、できない壁にぶつかります!

 

そうなった時に、もがき、苦しめばいいと思うんです!!

 

 

「調子に乗るから、そうなるんだよ!」などと嫌みを言う必要はありません。

 

本人が、もう自分ではどうしたらいいかわからない・・・と悩んでいたら、

優しくサポートしてあげるのが、コーチや親の役目ではないでしょうか^^

 

 

褒めるタイミングが大事!

 

調子に乗らせるコツと言ったら、もちろん、褒めることです!

 

ですが、ここで大事なのは、

「調子に乗せるために褒めるのではない!」ということ。

 

 

子どもが挑戦したことを褒めて、

本当にうまくいった部分を褒めて、

本人も「今の良かった」と思っている部分を褒めることです!

 

 

LEADでは、そういうコミュニケーションを心がけているので、

最近は子どもたちの方から、

 

『佳奈さん!今の良かったですよね!!』

『幸介さん!今の、自分で良かったな~と思ったんですけど、どうでした?』

 

と聞いてくるようになりました^^

 

・・・かなりしつこく『褒めてアピール』をするメンバーもいるくらいです!笑

 

 

 

もう一度言いますが、

  1. 子どもが挑戦したことを褒めて、
  2. 本当にうまくいった部分を褒めて、
  3. 本人も「今の良かった」と思っている部分を褒める!

 

 

ぜひ、この3つを意識して、どんどん褒めて伸ばしていきましょう!!!

 

 

 


 

  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • バレーを基礎から学びたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!
  • 心からバレーを楽しみたい!

 

LEADはそんな子どもたちの為のクラブです。

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの体験はこちらから!