*秋の入会キャンペーン開催中*

どんな声を出せばいいかわからないあなたへ

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

バレーボールコーチ 前田幸介

 

さて、あなたは、練習や試合の時に「声を出せ!」と言われることはありませんか?

そう注意された時に、

  • ちゃんと声出しとるし…
  • じゃなんて言えばいいんや…
  • そんなでかい声なんてでんし…

このように思っていませんか?

 

バレーボールは、ボールを落とさずに、しかも空中にボールがある間に、仲間とコミュニケーションをとって攻撃しなきゃいけない・・・冷静に考えると、難しいスポーツです。

だからこそ、声でのコミュニケーションはとても重要!

 

でも、どんな声を出せばいいか。

ここが一番悩むところですよね?

 

わからないから、声が出せない、指示が出せない、表情も暗くなってしまう・・・。

 

ということで、今日は「声」について、あなたに大事なことをお伝えするので、改善したいと考えているのであれば、ぜひ最後まで読んでいってください。

 

 

3種類の「声」

僕が、考える「声」とは3種類あると考えています。

 

  1. 仲間を助ける声
  2. 仲間を励ます声
  3. 仲間に指示する声

この3種類のうち1つでもかけると、ボールが繋がらなかったり、自分も含めチームのミスが多くなってしまいます。

そうなってしまうと、毎日の練習がつまらなくなり、試合では勝てず嫌になってしまいますよね。

 

それだけ「声」というのはバレーボールというチーム競技には必要で、チームのレベルアップには欠かせません。

 

ということで、今から3種類の「声」を一つずつ紹介していきますので、ぜひ実践してみてください。

 

 

①仲間を助ける声

仲間を助ける声というのは、仲間がミスを回避できるような声、知らせてあげる声です。

 

例えば、、、

  • 前お願い!後ろは任せて!
  • アウト!(ジャッジ)
  • 幸介!(名前)

などのジャッジをすることや、誰がとるかを言ってあげることが助ける声です。

 

仲間がスパイクを打つときは

  • 2枚!(ブロック枚数)
  • フォロー入った!
  • 奥!(コース)

というように、相手ブロッカーの枚数を教えてあげることや、フォローに入ったことを伝えてあげることで、スパイカーは対応することができます。

 

守備の際も、

  • ツー!(セッターのツー)
  • レフト!(トスの方向)
  • フェイント!前!

相手の攻撃を声に出すことで、仲間も準備できるし、自分も動きやすくなります。

 

まだまだ、仲間を助ける声はありますが、まずはこれらの声から積極的に出しましょう!

 

 

②仲間を励ます声

仲間を励ます声は、仲間の気持ちの切り替え、思い切ったプレーができるような声です。

 

例えば、仲間がミスしてしまった時、

  • 次!次!
  • 次は上がるよ!
  • 上に上がったらカバー行くよ!

といったように、「次こそは絶対!」と思わせる声で仲間を鼓舞します。

ただし、この「次こそは」が癖になったり、言い訳になったりすることもあるので、何度も同じミスが続く時には「そこはちゃんと上げてよ!」といったような叱咤する声も必要かと思います。

 

仲間がスパイクを打つ時は

  • いけー!
  • 打ち切れー!
  • フォロー入ったぞ!

というような声を大きい声で出してあげると、スパイカーは気持ちよく打つことができますし、力強いスパイクを打つことができます。

そして、決めた際には、みんなで大喜びをすることで、スパイカーだけではなくチームの雰囲気も良くなります!

 

 

チームを励ます声で言ってはいけないのは、マイナスの声です。

  • 顔暗いよ
  • ミスするなよ
  • まだ負けてないぞ

このような声は出さなくていい声だと僕は考えます。(負けてるチームがよく出している声です)

 

人間の脳は、プラスのこともマイナスのことも、そのイメージを実現しようとするそうです。

ということは、「顔が暗い」は余計に暗くなりますし、「ミスするな」はミスを起こし、「まだ負けてない」は負けを連想することになります。

 

  • 「笑顔でいこう!」
  • 「楽しもう!」
  • 「攻めよう!」
  • 「絶対勝つぞ!」

こうした声を出していきましょう。

 

 

③仲間に指示する声

仲間に指示する声は、相手の攻撃や守備に対して、自チームがどのような対応をするかといった声になります。

 

例えば、相手のサーブが早いサーブで、後ろを狙ってきている場合

  • 前衛の選手には「ネットインをケアして!」
  • 後衛の選手には「少し下がろう!」
  • 「早いしジャッジしっかりして、アウト気をつけよう!」

というように、相手のサーブ攻撃に対して、ポジショニングの確認・修正をする指示を、さっと仲間と話し合います。

試合中に、短い時間でさっと話し合い修正されると、相手も攻めにくくなりミスになったり、自チームのサーブレシーブ成功率も高まります。

 

こういった指示は、できるならばキャプテン、リベロあたりが自信を持ってできると、一番いいかと思います。

 

 

相手の攻撃に対しては

  • ストレートブロック閉めて、クロス打たそうぜ!
  • フェイントは幸介ケアして!
  • 相手、前2枚だから、ブロック絞ろう!

このように、ブロックとレシーブの関係(トータルディフェンス)を成功させるための指示を出しましょう。

 

よく見かけるのが、相手が前衛2枚でライト攻撃がないのに、その前にブロックをついている選手がいます。

相手をよく見ましょう。そして、みんなで指示をすることで、このようなことはなくなります。

 

この仲間に指示する声というのも、まだまだありますが、監督やコーチだけではなく、実際のコートの中にいる選手たちで指示を出し合い、修正・対策ができると、ミスが減り、ボールが落ちない強いチームになっていきます。

 

 

声で勝とう!

ここまで3種類の声について、たくさんある中から少し紹介しましたが、簡単に実践できるものだと思います。

技術がある選手がいたとしても、本人やチームが「声」出していないと、本領を発揮することはできません。

 

この3種類の「声」を出すことで、あなただけではなくチームも必ずレベルアップします!

 

さあ!どんな声を出せばいいのかわかったと思いますので、思い切り声を出し、今以上にバレーを楽しんでください!

 

僕はあなたを応援しています。

 

それでは今日はこのへんで

 

 

 

【限定10名!】秋の入会キャンペーン開催中!

▼無料体験の申込みはこちら
https://lead-va.com/volleyball-school-lead