【動画解説】レセプションのコツは「押忍!」らしいです。笑

石川県/バレーボール教室/LEAD

 

前田幸介です!

 

あなたは、レセプションの時、

ボールの正面に入ってとったのに、なんでセッターに返らないの?

と悩んでいることはありませんか?

 

せっかく正面に動けているのですから、すごくもったいないことですよね。

それは、もしかしたら、あなた自身がフォームを崩してしまっているのが原因かもしれません。

 

 

あなたのフォームは、内股?がに股?

 

あなたは、レセプションの時、フォームは「内股」ですか?

それとも「がに股」ですか?

 

特に女子の場合、内股の子をよく見かけますが、

内股だと膝が内に入ってしまうため、体がブレやすく、ボールのコントロールが難しくなります

 

また、体が外に開いてしまうため、ボールを後ろに弾きやすくなります

 

 

LEADにも、内股フォームが原因で、レセプションがなかなか安定しない子がいましたが、

「がに股」を意識しただけで、安定するようになってきました!

 

 

がに股だとなぜ安定するのか

 

がに股で構えると、下半身がどっしりとするので、体の軸が安定します!

 

また、つま先が外に向くため、膝を左右に動かしやすくなります

そうすると、左右の膝の間でボールをとることができるため、ボールの変化にも対応できます

 

 

 

さきほどのスクール生のレセプション動画をのせます。

 

意識しているのは「がに股」、ただそれだけ。

 

本人いわく、がに股のコツは、構えた時に『押忍!』と言うことらしいです。笑

 

(動画では声が入っていませんが、練習では、本当に言っています。笑)

 

 

いかがでしたでしょうか。

 

内股フォームでは、体の軸がブレてしまっているのに対して、

がに股を意識するだけで、安定しているのがわかりますよね!

 

 

フォームが安定すると、プレーも安定します!

 

ぜひ、あなたも『押忍!』を試してみてください!

 

 

 

PS.あなたが抱えるバレーの悩みを僕に解決させてください!

 

  • 〇〇のプレーがうまくいかない
  • 苦手な〇〇を克服したい
  • こんな時、どうしたらいいの?

 

など、お気軽にメッセージいただければ嬉しいです。

↓ ↓

メッセージはこちらから