石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

コーチ 村本大河

 

こんにちは!大河です。

とても、暑い日がつづいていますが、お元気でしょうか?

 

今日は、先日、滋賀県で開催された「輝きカップ日本ヤングクラブバレーボール男女選手権大会」に参加して気がついたことをお話しようと思います。

 

あなたは、今まで試合をしてきた中で、

自分たちのリズムをなかなか作れない時

思い通りのゲーム運びができない時

24-24などの緊迫した展開の時

どんなプレーをしますか?どのようにこの状況をきりぬけますか?

「どうしよう・・・」と浮かんだあなたは、ぜひ最後まで読んでみてください!

 

試合で発揮できるのは「実力」

「そんなの分かっとるわ!」と聞こえてきそうですが、、、

 

試合の日は『絶対勝つぞ!』『楽しみ!』『体軽い!』など、普段の練習とは違い、いろいろな気持ちがこみ上げてくると思います。

 

そんな気持ちで、いざ試合が始まってみると

 

いつもなら決まるスパイクが決まらない・・・

いつもなら起こらない、コンビミスが起きてしまった・・・

 

いくら万全の準備をしていても、いつもと違うことが起きることはよくあるし、

あなたもきっと経験したことありますよね?

 

でもそれが、自分の「実力」です。(厳しくきこえるかもしれませんが)

 

ちなみに僕は何回もあります。

でも大事なのはここからです!

 

あなたはどうしますか?

誰かのサーブが決まって、逆転できないかな。

なんとなく試合してたら、流れこないかな。

相手、ミスしてくれないかな。

こんな風に考えていませんか?

 

さっきも書きましたが、試合で出るのは「実力」です。

こんな風にラッキー(奇跡)を待っているのは勝負じゃないし、99%起こりません。

 

ちなみに、昔の僕は冷静に!冷静に!と意識していましたが、何も解決策が浮かびませんでした。笑

ここからが今日の1番大切なポイントです!

 

試合に出るのは「実力」、じゃあ自分の力って?

前にも書いたように、試合では思い通りにすすまない、厳しい場面はたくさん起こります。

 

そんな苦しい時こそ、

自分の武器は何なのか

自分の役割は何なのか

この2つがポイントです。

 

なぜなら、しつこいですが試合に出るのは「実力」だし、まずは一人ひとりが自分のチカラ(武器)で戦うしかないのです。

それができてはじめて、チームとして、その力が何倍にも広がっていくと僕は考えます。

さらに、苦しい場面で相手のミスを待っていても、なにも状況は変わりません!

 

今回の大会、僕はコーチとして参加して

「一人ひとり、自分の役割を責任持ってやるぞ!そしてみんなで勝つよ!」

と伝えました。

 

大事なことは、

自分の持っているチカラ(武器)で相手と勝負する、
そして一人ひとりがチームの役割を、責任をもってプレーすることです。

「責任をもって…」とは、ミスを恐れず挑戦することだと思います!

 

人それぞれに、いろいろな武器があると思います。

狙ったところに攻めたサーブを打つことができる!

ストレートのブロックアウトが得意!

高さのあるブロック!

スパイカーだけど、セッターもできる!

サーブレシーブ返球率は誰にも負けない!

ぜひ、こんな風に一度、自分の武器について考えてみてください。

 

もちろんこれは日頃の練習からトレーニングすることが必要だし、どれだけ練習でストイックに取り組めるかも重要ですね!

 

あなたもぜひ意識して練習してみてください!

 

それではまた、お願いします。