あなたが打たなきゃ、誰が打つ!

石川県/バレーボール教室/LEAD

 

前田幸介です!

 

僕はスクール生に常々言っている言葉がある。

それは、「トスがあがったらスパイカーの責任」という言葉だ。

 

これは、僕自身が各ポジションを経験してきて思うこと。

 

 

これから言うことは、もしかしたら、あなたには耳が痛くなることかもしれないが、

これを読んで考えが変われば僕は嬉しいし、

あなた自身も真のエースへの第一歩に繋がると思う。

 

 

エースの責任

 

エースというのは、チームの中でスパイク能力が高く、チームの得点源である。

 

だが、こんな選手をよく見かける。

 

  • 「今のはトスが悪かったから打てませんでした」という仕草をする選手

  • 「決められなかったり、ミスをしたときにトスが悪かった」言い訳をする選手

  • 「ミスをしたあと、もっと高くして」などトスに注文をつける選手

 

確かに、トスが悪かったのかもしれない。

 

でも、トスがあなたにあがってきた以上、

あなたが責任をもって決めにいかないといけない。

 

セッターが、スパイカーの中からあなたを選び、あなたにボールを託したのだから、

「トスがあがったらスパイカーの責任」である。

 

 

そもそも、バレーだけではなく、

チーム競技(球技)において点を取るということには、ひとつの共通点がある。

 

  • バレーは、スパイクを決めて点数を取る
  • バスケやサッカーは、シュートを決めて点数を取る
  • 野球は、打って点を取る

 

点を取りにいかずに、相手のミスを待っているようでは、勝つことはできないし、

仲間が必死に繋いでくれたボールを打ち切ることこそが、エースの役目だと僕は思う。

 

 

打ち切って決められなかったり、ミスをしてしまうのは別にいい!

打ち切ることに意味があり、それがチーム、そしてあなた自身の成長に繋がる!

 

 

エースがチームを育てる

 

エースのあなたが、

「どんなトスも俺が決める!」

「思いきって、全部俺にトスをもってこい!」

そんな気持ちでいたとしたら、

 

セッターは、どんなボールもいいトスにしようと努力するだろうし、

リベロは、セッターが少しでも上げやすいように返球しようとするだろう。

 

そのために、

ミドルの選手は、少しでも相手の攻撃をブロックしようと頑張るし、

相手ブロックを引きつけるために、積極的に攻撃に参加するだろう。

 

 

そして、あなたが決めれば、

控えのメンバーまでもが、自分のことのように喜んでくれる。

 

 

そういった仲間の繋がりがバレーボールであり、

そこに感謝の気持ちが生まれる。

 

 

 

チームを育てるのはエースだ。

 

エースのあなたがどんなボールも打ち切ることで、

仲間の信頼が得られ、チームを勝利に導く真のエースへと成長する!

 

 

トスがあがったらスパイカーの責任

 

この言葉を胸に、

プレッシャーに負けず、頑張ってほしいと思います!

 

 

それでは、また。

 

 

 

 

バレーボールスクールの無料体験はこちら

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールのページへ