なぜ、ミートが上手くなりたいの?

石川県/バレーボール教室/LEAD

 

前田幸介です!

 

先日、スクール生から

「ミートが悪くて、スパイクが打てません!」

という質問がありました。

 

今回はこの質問に対しての、僕の考えを書きます。

 

 

ミートが悪いとスパイクが打てないの?

 

そもそも、

「何でミートが上手くなりたいの?」

と僕は疑問に思います。

 

確かに、ミートが上手いと、

トスが乱れた時も自分の狙ったところへ打てます。

 

ですが、逆にトスが綺麗に上がった時、ミートがいいと決まりやすいのか?

少し考えてみてください。

 

 

たとえば自分がディグをする際に、

 

ミートが上手い選手のスパイクと、

あまりミートしていない選手のスパイク

 

どちらが取りやすいですか?

 

 

僕の経験上、どれだけ強いスパイクだろうと、

綺麗に回転している球に対してのディグは、あまり難しいことではないと思う。

 

 

僕が取りにくいと感じるのは、

  • 斜め回転
  • 無回転

 

これはみんなも経験あると思うが、

スピードのある変速的なボールに対してディグをするということは、もの凄く難しい。

 

 

僕はディグは得意だったが、

ミートが上手くできない選手のスパイクは、どこに飛んでくるか予想しにくく

まるで近距離からサーブを打たれたような感じで、コントロールするのにすごく苦労した

 

 

つまり、僕が何を伝えたかったというと、

自分のミートに自信がないからといって、

『ミートが良くなる方法』などと、調べる必要はない!ということです。

 

 

ミートがうまくいかない=強いスパイクが打てない?

 

そんなことはありません。

むしろ、武器になる可能性もあるので、安心してください!

 

 

 

ミートが上手い選手の共通点

 

確かに、ミートが良いと、打ち切る時、いろんな球を打ちわけられます。

ミートが上手い選手には共通点があります。

 

  • ボールを捉える位置
  • 左手が綺麗に上がっているため体の軸がブレていない
  • あごを上げすぎず、目でボールを追っかけている→自分の前でボールを捉えている

 

いいスパイカー、ミートがうまい選手は、まず体勢が乱れていません。

体の軸がブレると、いいミートはできないと考えてもいいほど重要です。

 

 

 

もし、手首でヒットしてしまったり、指先でカス当たりのようになってしまうとしたら、

あごをひいて目だけを動かすということを意識してみてください。

 

 

  1. 空中で、体の軸がブレていないか
  2. あごをひいて目だけを動かしているか
  3. ボールを体の前で捉えているか

 

まずはこの3つを意識しながら練習してみましょう!!

 

それでは!

 

 

 


 

LEADは「もっとバレーがしたい!もっと上手になりたい!」
そう強く願う、あなたのためのクラブです。

バレーに打ち込める環境がここにはあります!
共に目標を目指す仲間がいます!

まずは、体験に来てみませんか?

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの無料体験はこちらから