小学生の「やる気」を引きだす魔法の言葉!

石川県/LEAD/バレーボール

スポーツメンタルコーチの前田佳奈です。

 

私の密かな楽しみは、毎週金曜日の小学生スクール!^^

 

もしかすると、隣で個別レッスンをしている中学生は、

「あれ?佳奈さん、いつもより楽しそう?」と思っているかも?笑

 

もちろん、LEADもLet’sも、どっちも楽しいんですが、

中学生にはない純粋さ?が小学生にはありまして・・・。(ごめん!笑)

 

 

コーチの幸介さんからも「お前、やっぱ上手だな!」と、

子どもたちの気持ちの上げ方を褒められています!^^

 

 

できなくて当然!できたらスゴイ!

 

「指導する」ということを、

『悪い部分を正す』とか『厳しく教え込む』ことだと思っている指導者も多いですが、

(思っていなくても、実際そうなっている場合が多い)

 

小学生に関しては、楽しく伸び伸び挑戦させながら、

そのスポーツの「楽しさ」「本質」を教えていくことが大切なのではないかと思います。

 

 

子どもたちは、毎回はじめてのことに挑戦しているわけですから、

できなくて当然で、できたら素晴らしいのです!

 

そして、できないことに挑戦したことも、素晴らしいのです!

 

 

だから自然と、褒める機会が増えます

 

以前、幸介さんが書いたブログで、

「コーチの佳奈さんは、絶対に怒りません!」とありましたが、

 

褒めて育てるのがいいから、頑張って褒めているわけではありません。

怒る必要がないのです。

 

 

子どもが積極的になる魔法の言葉

 

実は私、小学生の気持ちをぐ~んと引き上げる、魔法の言葉を知っています。

 

すっごい簡単な言葉なんですが、

意外と使っている方は少ないように感じます。

 

 

LEAD同様、Let’sの練習中も「問いかけ」を大切にしています。

 

「どんなことに気をつけるんだっけ?」

「〇〇さんの良いところは何だと思う?」

 

子どもたちは、決まって、「ハイ!」と手を挙げます!

そして、私に当てられた人が答えるというシステムが、自然とできてきました!笑

 

 

子どもたちが答えたことに対しては、どんなことであっても否定はしません!

 

ちょっと違った言葉が返ってきても、「なるほど!」と言っています。笑

 

 

そして、ここで魔法の言葉。

 

ほかには?

 

です。

 

それだけ?って思うかもしれませんが、

この一言は、子どもたちの心に火をつけます!!

 

それどころか、「ありがとう、もういいよ!」というまで、手が挙がり続けます。

 

 

ここで一つ付け加えると、

中学生のLEADでは、良いフォームと悪いフォームの違いを答えてもらったり、

「その悪い部分はどうしたら良くなるのか」を考えてもらいますが、

 

Let’sでは「悪い部分・できない部分」の反省は、一切しません!

 

なぜなら、良いイメージをもってもらい、良いところを褒めるだけで

できないことが、できるようになるからです!

 

 

最近では、お決まりとなってきていますが、

各メニューの最後に、必ず誰かにお手本をしてもらうと、

周りで見ている子から「ハイ!ハイ!」と手が挙がり、

 

『〇〇ができているのがスゴイと思う!』

『〇〇が上手!』

 

と友達の「良いところ探し」が始まります!^^

 

 

褒められた子は、

そんなことないよ~!と照れながらも、まんざらでもない様子(笑)

 

 

そんな感じで練習をしていると、

自然と上達してきたのと、とにかく楽しそうで仲が良いのと、

競争心まで芽生えてきました!!

 

 

無料体験会やります!

 

バレーボール初心者のお子さんも、

ジュニアバレーチームで活動中のお子さんも、

他のスポーツを習っているお子さんも。

 

この機会に、

お子さんのスポーツ環境を1つ、増やしてみませんか?^^

 

  • 日時/3月30日(金)
  • 時間/19:00~20:30
  • 場所/紫錦台中学校 体育館
       (右側の体育館です。)
  • 対象/小学1年~6年生の男女
  • 定員/先着10名!

 

 

お申込みは、下記ページより、お願いいたします!

↓ ↓ ↓

“楽しい”が笑顔と成長を引きだす! ~小学生スクール『Let’s』無料体験会~