【イベントレポート】第1回 LEAD CUP 2018!

石川県/LEAD/バレーボール教室
from 前田幸介

 

皆さん、こんにちは!

昨日は、初めてスクール内の大会を開催しました!

その名も『LEAD CUP』です。

 

まず、この大会を開催した目的は、

 

  1. 一年間の練習の成果を発揮する場所をつくって、自分で上達を実感してもらうこと
  2. 卒業生との最後の思い出作りに、みんなでバレーを楽しむこと
  3. 試合を通して、次の目標や課題を見つけてもらうこと

 

この3つだったのですが、

すべて達成できたと大満足しています!

 

 

 

1.練習の成果を発揮する場所

 

普段の練習では、僕から見て「あ!〇〇が上手くなってきたな!」と思っても、

本人が自分の成長を、自分で感じて自信になる機会は少ないと思います。

 

なぜなら、一つできるようになると、また次の課題が見つかるからです。

 

なので、こうした練習の成果を発揮できる場所があるのは、

とてもいいことだと思っています。

 

おそらく各チームでは、やる気やスキルにバラつきがあり、

最大限の力を発揮できていない子も多いと思いますので、

昨日はみんな、とても自信がついたのではないかと思います!

 

 

全員の成長が感じられましたが、

特に、1.2年生の女子と、男子メンバーの上達は素晴らしいものでした!

 

保護者の皆さまも、数々の驚くプレーがあったのではないでしょうか!

 

 

 

2.みんなでバレーを楽しむ!

 

昨日のLEADカップ、僕はすごく楽しかったです。

それは、みんなが楽しそうにプレーしていたからだと思います。

 

そして、保護者の皆さまも、一緒に楽しく見ていてくださったからです。

本当に感謝しています。

 

 

 

子どもたちから、こんな声が聞こえてきました。

 

『LEADに、こんなたくさん人おるんや~!』

 

正直、僕もそう思いました(笑)

特に、最初2.3人しかいなかった男子メンバーで試合ができるなんて、驚きです!

 

 

昨日、子どもたちを見ていて思ったのは、

みんな本当に仲が良い!

 

学年や学校、性別が違っても、

「バレーが大好き」という共通点があるだけで、こんなに一つになるんだと感動しました!

 

 

自分の試合が終わっても、

ほかのメンバーの試合を、目をキラキラ輝かせて応援している姿は、本当に嬉しかったです!

 

 

3.新たな課題に向かって

 

卒業生は、もうすでに高校バレーがスタートしています!

今までとは違って、実力が物を言う、厳しい世界です。

 

そんな中で勝ち抜いていくためにも、

自分で課題を見つけて、挑戦し続けてほしいと思います。

 

 

下級生は、自信になった子もいれば、実は悔しい想いをした子。

上手な子のプレーを見て憧れを抱いた子。

もっと上手になる!と心に決めた子など。

 

みんな、それぞれにいろんな想いをしたと思いますが、

きっと新たな目標や課題が見つかったはずです!

 

(実際に昨日今日で、個別レッスンの希望者が何人か増えたらしいです!)

 

 

中学生活は、長いようで、あっという間に終わります。

だからこそ、自分の限界を決めず、1日1日を大切に、挑戦してほしいです!

 

努力は必ず結果に繋がります!

これからも一緒に頑張ろう!!

 

 

エキシビションマッチ!

 

LEADのユニフォームを着て、卒業生とバレーができる、最後の試合。

社会人クラブの皆さんが、お忙しい中、時間をつくって来てくれました。

 

 

試合は、まさかの大接戦!

コートのメンバーも、まわりで応援しているメンバーも、保護者の皆さまも、

本当に楽しめた試合だったと思います!

 

ITVCの皆さん、本当にありがとうございました。

 

 

 

最後に…

 

遅くまでお付き合いいただいた保護者の皆さん、

LEAD CUPに来てくれたみんな、卒業生、

みんなで作りあげた『LEAD CUP』でした!

 

本当に、本当に、ありがとうございました!

 

 

LEADポーズで記念写真!

 

卒業生のみんな!ありがとう!

 

 


 

  • 初心者だけど、バレーを始めたい!
  • バレーを基礎から学びたい!
  • もっと上手になりたい!
  • メンタルを強くしたい!
  • 心からバレーを楽しみたい!

 

LEADはそんな子どもたちの為のクラブです。

↓ ↓ ↓

バレーボールスクールの体験はこちらから!