最近始めたばかりの子が、たった2回で、アタックが打てるようになった練習方法!

石川県/LEAD/バレーボールスクール/スポーツメンタルコーチ

前田佳奈です!

 

 

バレーボールのアタックの「ステップ」って、はじめは難しくありませんか?

独特のリズムで、手と足の動きが違って、しかもボールに合わせてジャンプしなきゃいけない!

 

冷静に考えると、難易度ハンパないって!!!

ですよね^^

 

 

ですが、小学生スクールの子どもたち!

私はほとんど教えていないのに、できるようになってきました!

 

今日は、その秘密の練習方法をご紹介します^^

 

 

どうやって教える!?

 

小学生スクールには、まだバレーボールを始めて3ヶ月経たない子6名います。

しかも、低学年の子がほとんど。

 

それでも、子どもたちからすると、

バレーボール=アタック

だと思うので、私は練習させてあげたいのです!

 

 

私が小さい頃、すでにアタックが打てるお姉さん達とは別メニューから始まりました。

どんな練習かというと、ひたすら壁に向かってジャンプする練習です。笑

 

そして、コーチに教わった方法が、

  1. 左足を前に出してかまえる
  2. 『右』『左』『右左』の順番に足を出す

 

しかも、体育館に引いてある線を目印にジャンプするよう教わったので、

どっちの足を出すのか?どの線でジャンプするのか?

 

・・・運動オンチの私の頭は「???」でした。

 

私はお姉さん達のようにアタックが打ちたいのに、

そのステップができるまで、ひたすら壁とにらめっこ。。。笑

 

 

今考えると、

最初に出す足は、右でも左でも、どっちでもOKです。

なぜかというと、ジャンプは最後の一歩、ふみきりが大事だからです。

 

線を目印にするのは、おすすめしません。

なぜなら、体育館によって、線の位置が違うからです。

また、ボールは床から出てこないので、床を目印にするのは良くないですね。

 

 

私の場合、負けず嫌いな性格だったのと、8歳年上の兄が中学校でバレーをしていたので、

兄に教えてもらったり、見てマネをして覚えたのですが、

 

私はみんなにどうやって教えよう?と考えました。

 

 

教えなくても、できるようになった!

 

そこで、幸介さんに相談!

 

「どっちの足を出すとか、角度がどうとか、細かいこと子どもたちは分からないからな!

 それに、そんなことは後からどうにでもできる。

 まず、楽しく・強くふみきって・大きく飛び越えることだな!」

 

 

そうして取り入れた練習が、障害物(コーン)を、飛び越える練習です。

 

 

そして、どう教えたかというと、

 

「こうやってジャンプするんだよ!見てて!」

 

ただ、これだけです^^

 

あとは、すでにできているお姉さん達を見て、自然とできるように!

 

 

ここで、動画を一つのせますね!

 

メンバーの中に、アタック練習が2回目・3回目の子もいるんですが、

わからないくらい、ステップができているんですよ~^^

 

 

 

 

この練習の手順としては、

  1. 3mくらい走ってきて、コーンを飛び越える(ボールなし)
  2. 少し近づいて、上がったボールを打ってみる(コーンあり・空振りOK)
  3. コーンなしで、②をやってみる

 

この3ステップで、自然とアタックが打てるようになります!^^

 

 

これはお家の中で、風船でできますので、ぜひ試してみてください!

 

 

 

幸介さんいわく、、、

この障害物を越えるジャンプの練習は、高校生になってから活きてくるそうです!

特に、ファーストテンポの攻撃が多い女子高生には、この要素が必要不可欠だとか!

 

ちょっとマニアックな内容になるので、これ以上はやめておきます。笑

 

知りたい方は、個別でお問い合わせください^^

 

 

 

なぜ、家でゲームばかり…学校でも控えめだった子が「中学生の練習にも参加したい!」と積極的になったのか?

LEAD小学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯小学生バレーボールスクール