【大会レポート】この経験を『○○』に変える!

石川県/バレーボールスクール/LEAD/スポーツメンタルコーチ

 

前田佳奈です!

 

7月28日・29日と、

滋賀県東近江市にて開催された「輝きカップ日本ヤングクラブバレーボール男女選手権大会」に

U-14女子のメンバーで出場してきました!

 

全国各地から、たくさんのクラブチームが集まるこの大会。

LEADは今年で2回目の出場でした。

 

さて、LEADメンバーは今回の大会で、何を得られたのか!!!

ご報告します!^^

 

(大会1日目の様子は、前回のブログを読んでみてください!)

 

 

怖気付くとはこういうこと。笑

 

予選グループを、なんとか1位で通過したLEADメンバー。

2日目はメイン会場にて、6チームによる決勝プレミアトーナメントです!

 

「今日も楽しもう!」

「優勝目指して頑張ろう!」

 

 

結果…

1セット目は、相手エースに“コテンパン”にやられました!笑

 

(いや〜、素晴らしいエースだった!しかも守備も上手!高身長でジャンプ力もすごい!)

 

 

続く2セット目。

「このまま終わりたくない!」というみんなの気持ちが見え、序盤から大接戦に!

 

リードしては追いつかれ、という展開!

ブロックの上から“ズドン!”と打たれたスパイクもナイスディグ!

 

LEADらしさがたくさん出ました!

 

・・・が、最後は力及ず。2点差で負けてしまいました。

 

 

振り返ると、やっぱり朝から表情が硬かった!

引きつった笑顔!

緊張でお腹が痛い選手!

 

メイン会場、そして長身の選手に、あきらかに「ひるんで」しまいました!

 

まさに、『怖気付く』とはこういうことですね!^^

 

 

こういう経験は、幸介さんも、私も通ってきた道です。

 

相手にも「自分にも」負けた!

 

といったところでしょう!

 

 

私も、メンタルコーチとして、もっとできることがあったと反省。

それについては、またブログで書いていきますね!

 

 

この経験を○○に変える!

 

結果は、決勝プレミアトーナメント初戦敗退でしたが、

まずは予選グループで「1位」になったことが、みんなの自信に繋がったと思います!

 

 

何でもいいので、なにかで「1位になる」という経験を15歳までにしておくと、「自分はできる!」という自己肯定感が育まれ、辛い時や壁にぶつかった時に、自分で乗り越えられる強いメンタルがつくられます!

 

 

大会に出るからには、全力で勝ちにいきますが、

 

それでも!

LEADの中心にあるのは「バレーボール教育」です。

 

 

バレーボールを通して(バレーボールを使って)、

 

  • 自分で考えて行動できる
  • 自分を信じることができる
  • できないことに挑戦する

 

そんな人に育ってほしいと思います。

 

 

この経験を○○に変える!

 

この『○○』にはいる言葉は、何でしょうか?

 

一人一人ちがうと思います。

 

今回の大会は、出場することに大きな価値がありました!!

きっと子どもたち以上に、保護者は感じていると思います。

 

 

この経験から何を学び、今後どのように生かしていくのか!

それは、子どもたち次第です!

 

今日は「○○」にはいる言葉を、子どもたちに聞いてみたいと思います!^^

 

 

それでは、このへんで。

 

 

 


 

大会レポート番外編!

こちら

【大会レポート番外編!】彦根城でトレーニング!?