【大会レポート】「ミスするのがこわいんです…」

石川県/バレーボールスクール/LEAD/スポーツメンタルコーチ

 

前田佳奈です!

 

昨日今日と、

「輝きカップ日本ヤングクラブバレーボール男女選手権大会」

に出場するため、滋賀県東近江市に来ています。

 

この大会に出場した目的はただ一つ!

 

LEADヤングクラブメンバーの共通テーマに掲げている、

“BRAVE(勇気)”を出すため

です^^

 

 

「バレーボール」そして「全国大会」を通じて、

 

  • 自分が苦手なこと
  • やりたいけどやっていないこと
  • できないと思っていること

 

このようなことに挑戦するために、出場しました。

 

 

「こわさ」を持ったまま、何をするのか?

 

大会当日の朝、選手がこう言ってきました。

 

『ミスするのが、こわいんですよね…』

 

 

そりゃ〜そうです!

 

今回この大会に出場したメンバーは、みんな中学校の部活動でもバレーをしていますが、

 

  • 全国大会初出場の子
  • 地区大会、一回戦・二回戦負けで、県大会に出場できなかった子
  • 控えメンバーで、公式戦に一度も出たことのない子

 

そんな子たちです。さらに…

 

  • イジメにあった経験があって、仲間の輪に入れなかった子
  • 人見知りで、自分から声を出せなかった子
  • バレーに対するモチベーションがなかなか上がらなかった子
  • 自分に自信がなく、消極的だった子
  • バレーに対する気持ちが人一倍強いせいで、チームで浮いていた子
  • 自分の意見を、人に伝えることができなかった子

 

そんな子たちです。

 

そりゃ〜緊張だってするし、プレッシャーも感じるし、なんといっても「こわさ」を感じると思います!

 

 

私はそんな選手にこう伝えました。

 

その気持ち、わかるよ!

・・・だけどね、そういう「ミスするのがこわい」って気持ちを持ったまま何をするか?なんだよね!^^

 

 

みんなにとって、、、

 

全国大会はこわいと思います!

競った場面でスパイクを打つのも、こわいと思います!

大事な場面でサーブを打つのも、トスをあげるのもこわいと思います!

自分より、体格のいい選手もこわいと思います!

 

 

その「こわさ」はあって当然。

こわいと思っていても、

 

打つか?打たないか?

決めにいくか?入れにいくか?

 

ミスをするか、しないかは、なんの問題でもありません!!^^

 

 

 

あ、タイトルに『大会レポート』と書きながら、本質的な話ばかりになっちゃいました。笑

 

結果報告です!

 

昨日は、全国から37チームのクラブが集まり、6ブロックにわかれてのグループ予選。

LEADはBグループ、1位通過を果たしました!

 

 

ある保護者は、「あんなに声の出なかった娘が、あんなに頑張って声を出している姿を初めて見た!泣きそうになった!」と、娘さんの成長に感動していました!^^

 

 

さて今日は、予選グループ1位通過をした6チームによる、決勝トーナメント!

 

子どもたちの、どんな姿が見られるのか、とてもワクワクしています^^

また、ご報告しますね。

 

 

それでは、朝食に行ってきまーす!

 

 

 


 

LEADのヤングクラブのスローガンについて、以前ブログでご紹介しています!

こちらもぜひ、読んでみてくださいね!

↓ ↓ ↓

こちら

これがあるとチームは一つになる!チーム力を向上させる方法