楽しむのか?勝ちにいくのか?

石川県/バレーボール教室/LEAD

前田幸介

 

 

子どもたちやスポーツ指導者の話を聞いていると、よく出てくる話題がある。

 

それは、

バレーボールを「楽しむ」のか?

それとも、「勝ち」にいくのか?

という話だ。

 

要するに、勝ち負けにこだわらず、楽しむことだけを目的にするのか?

それとも勝ち負けにこだわるのか?ということなのだが、

 

僕はこの話に、とても違和感を感じる。

 

 

なぜなら、

なぜ「楽しむ」と「勝つ」を天秤にかける必要があるのだろう?

と思うからだ。

 

 

勝ちにこだわるから、楽しくなる!

 

ある指導者がこんなことを言っていた。

「今年は選手層が薄いから、勝ち負けにこだわるのはやめて、楽しくいこうと思う」

 

正直僕には、なんでそうなるのか、さっぱりわからない。

 

選手は育てれば伸びるのに、これでは「自分は指導に自信がない」と言っているようなものだ。

 

選手は口には出さなくても、心の底では『勝ちたい』『上手になりたい』と思っているし、

まだ本人が気づいていない『可能性』に気づかせてあげて、

頑張れば、できるかも!

と思わせてあげることが、僕たち指導者の役割だと思う。

 

 

また、「うちのチームは勝負にこだわらず、楽しむことが目的」だと語る指導者もいる。

 

この考え自体を否定するわけではないが、

勝負にこだわる=楽しんではいけない(楽しくない)

と思っているように感じる。

 

 

僕の経験上、勝負にこだわると、かなり楽しい!

 

それは運動会のかけっこのように『誰かに勝ちたい』というのもそうだし、

逆上がりができるまで『できない自分に挑戦する』のもそう。

 

スクール生には耳にタコができるくらい伝えているが、

「楽しむ」ことは、ヘラヘラすることや、ダラダラすることとは違う。

 

勝ちたい気持ちに、正直に向き合うからこそ、楽しいのだ!

 

 

「楽しい」は『強い』!!

 

もう一つ、重要なことがある!

 

楽しんでいるチームほど、強いものはない!

 

 

負けている場面でも、めちゃくちゃ楽しそうに笑顔でプレーしている選手がいたら、

それは驚異だ!笑

 

 

「勝つことを目標にすると、プレッシャーがかかったり、仲間とぶつかるから楽しめない」

と思っている選手に伝えたいのは、

 

どんな時も「楽しむ気持ち」を忘れちゃいけない

 

ということ。

楽しむ気持ちは「自分次第」です!

 

 

 

さて。

今日の内容をスクール生と共有するために、今週末、大会に出場してきます!

 

僕自身、とても楽しみにしている大会で、

スクール生の成長、チームの成長をたくさん感じられると期待しています!

 

 

いつもブログを読んでいただいている皆様にも、いい報告ができるよう楽しんできます!

それでは!

 

 

 


 

バレーボールを本気で楽しみたい小中学生は、ぜひLEADへ!

夏休み限定スクール生も募集中です!

↓ ↓ ↓

今すぐクリック!

残り5名!夏休みスクール生募集!