石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

 

あなたはラリー中、ラストボールを必死に返したのに

 

  • 相手にチャンスボールを返してどうするんだ!
  • 相手が嫌がる所に返せ!
  • 攻撃にしろよ!

 

というようなことを言われたことはありませんか?

 

そして、返事では「はい!」と言っていますが、

 

  • 実際どこに返していいかわからない
  • 相手が嫌がる所??
  • こんなこと恥ずかしくて聞けない…

 

といった悩みを持っていませんか?

 

 

この悩み、実はあなただけではなく、理解していない選手がたくさんいます。

今日は、相手が嫌がるラストボールの返す位置をいくつかご紹介します!

 

 

セッターが嫌がる場所へ

 

まずは一つ目。

 

セッターをしたことがある選手は、すでに感じているかもしれないが、ラストボールをライト側へ返されると、トスがあげにくい感覚があります。

なぜかというと、セッターはレフト方向に体を向けてセットアップするので、ラストボールをライト側に返すと、斜め後ろからボールが返ってくるので、以下のようなことが出てきます。

 

  • ボールの下に入りにくい
  • レフト方向が視界に入りにくいので、方向感覚がズレる
  • クイックや時間差(上げやすい場所)に偏る傾向になる

 

これが相手のミスを誘うことになってきますし、ブロックを絞ったりなどトータルディフェンスがしやすくなってきます。

 

自チームのラストボールがやっと返せる状態であれば、無理せずライト側の返せる範囲のところでいいと思いますが、2段トスが乱れて打てない時や、狙える時はライト側の前に返すとセッターはものすごく嫌がります。

 

 

スパイカーの枚数を減らせ

 

次はスパイカーの前に落として、攻撃枚数を減らすことです。

これは、高校生レベルになってくるとそこまで通用しなくなりますが、小・中学生には効果的です。

 

相手のエースを打たしたくないのであれば、エースの前に落とし、膝をつかせたり、フライングさせることができれば、攻撃枚数を減らすことができます

欲を言えば、ライトとセンターの間の前だったり、レフトとセンターの間の前に落とすと、必ず崩れてくれます。

 

ただし、何度も言いますが、高校生レベルになってくるとそこまで通用しないので、高校生は注意してください。

 

 

角は返球率が下がる

 

最後は、後ろの角側(コーナー)を狙うことで、相手の返球率を下げることができます。

 

バレーボールは、チャンスとわかった時点で、

「チャンスー!」といって、基本体型であるWの形になります。

 

そうなれば、左右の角が穴になってきます。

 

左右の角のボールを返すとなると、体はセッターに向けることが難しく、腕でコントロールすることが多くなってきますので、返球にバラつきが生じます

特に、女子の場合、オーバーでボールを飛ばすことが難しいため、アンダーでの対応が増えます。

これだけでも、相手を崩すことができ、立派な攻撃と言えます!

 

 

 

相手チームが嫌な攻撃や場所はどこかを考えてプレーすることは、勝つ上で重要になってきます。

相手が嫌がる攻撃がわからない人は、まずは自分(チーム)がされて嫌な攻撃をしてみてください!

 

 

ミスを恐れず、常に一つ一つのプレーに意図を持ちましょう。

その先には、必ず成長があります!

 

それでは今日はこのへんで!!

 

 

 

LEADバレーボールスクールで、最高の仲間に出会う!

無料体験はこちら→

https://lead-va.com/school-program/volleyball-school