小学生スクールでの感動話!

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ/メンタルコーチ

前田佳奈

 

まずは小学生スクールのご紹介から!

毎週金曜日に活動している小学生バレーボールスクールでは現在、金沢市・津幡町・白山市・野々市市・小松市から子供達が集まって活動しています。

メンバーは、最近バレーボールを始めたばかりの子や、習い始めて1年くらい経つ子、他のバレーボールクラブに通っている子など、学年や運動能力も様々です。

どちらかというと恥ずかしがり屋な子が多く、運動神経バツグンな子は少ないかもしれません!

 

スクールなので大会出場はないですが、とにかくみんなで仲良く楽しく運動すること、子どもたちがやりたい練習を大切に活動しています!

 

 

私は小学生スクールのコーチを務めているのですが、

  • あまり教えすぎない
  • 子どもたちがやりたい練習メニューをやる
  • コーチは一切怒らない
  • ミスしても良い部分を探して褒める

 

これを徹底しているので、子供達の満足度はとても高く、みんなバレーが大好きになってくれました!

 

 

練習では、バレーに特化した運動指導をせず、

最初の約30分は、コミュニケーションをとりながら運動能力がアップするようなメニューを行っています

 

  • ドッヂボール
  • リフティング
  • テニスボールキャッチ
  • 反復横跳びでボールキャッチ
  • 馬飛びリレー
  • ボールを2個使ったドリブルリレー
  • フロント部分(アタックラインより前の部分)でバレー対決
  • etc…

 

その後は、パスやレシーブの練習。そしてスパイク練習。

 

このあたりで、1時間近く経過します。

すると、だいたい子供達のほうから「ミニゲームした~い!」という声が聞こえてくるので、2チームに分かれてゲームを行います。

(ちなみに、6人制とは決めず、全員コートに入ります。)

 

 

小学生スクールのご紹介はここまでにして。。。

 

自然と育まれた”思いやり”に感動!

ゲーム練習をすると、毎回いろんな成長や発見があります。

もちろん、なかなかボールが繋がらないこともありますが、子どもたちはとても楽しそうに挑戦しているんですよね!

 

年明け最初の練習でも、とても感動したことがありました!

 

 

ゲーム中、ある男の子のところにボールがいきました。

男の子は「ハイ!」っと言って、アンダーパスをすると、アタックラインぐらいにボールがきれいに返りました。

 

そして、セッターの子がオーバーでトスをあげて、

ライトポジションにいた子がラストボールを返そうとしたのですが、ネットにかかって返せませんでした。

 

すると周りの子は、「惜しいよ!ドンマイ!」と言って、ラストボールを返せなかった子に寄っていったのですが、

ここで『ごめん!ごめん!』と大きな声でみんなに謝ったのは、最初にアンダーパスをした男の子でした。

 

 

私は思わず、「なんで謝るの?いいパスだったよ!」と彼に伝えると、驚きの答えが返ってきたのです!

 

「いや、僕のパスがもっとちゃんとセッターの近くに返っていたら、もっといいトスがあがって、きっと返っていた(相手コートに)と思うので、僕が悪いんです。だから、ゴメンなさい!」

 

いや~、感動しちゃいます。

まだバレーをはじめて1年ほどの子です。

 

私たちは週1回の活動ですし、試合も出ていないので、返球に対してあーだこーだ言うこともありません。

それでも、ちゃんとバレーボールを理解していることに、感動しました。

 

「そうだよね! でも、そうやって、仲間のためにって思えていることも、すごいと思うよ!」

 

これぞ思いやり!

これぞバレーボールの本質!

 

 

小学生スクールの子供達は、

誰かが決めた時は、ボールに触れていない子も飛びあがって喜びますし、

ミスをした子を責めることなく、励ましの言葉をかけています。

カバーしてもらった時は「ありがとう」と伝えます。

 

 

中学生、高校生、大人になると、忘れがちな当たり前のこと。

 

”思いやり” ”ありがとう”

 

コーチとしても、人としても大切にしていきたいなと、男の子から勉強させられました。

 

それでは、今日はこのへんで。

 

 

小学生バレーボールスクールの詳細はこちら!

http://lead-va.com/school-program/volleyball-school-lets