基礎練習をやっていない!?それ、かなり危険です!

石川県/LEAD/バレーボールスクール/バレーボールクラブ

前田幸介

 

最近、風邪やインフルエンザが流行していますが、皆さんは体調いかがでしょうか?

ちなみに、僕と妻は風邪で体調を崩してしまい、約3年半スクールをやってきて、初めてコーチの体調不良により練習を休みにしてしまいました。

それでもたくさんの保護者の方から、「無理せず休んでください」「お大事になさってください」というメッセージをいただき、とてもあたたかい気持ちになりました。(感謝)

 

受験や大会が近い子もたくさんいると思うので、みなさんも手洗いうがいなど体調管理には気をつけてくださいね。

 

 

さて、本題に入りますが、

あなたは基礎についてどのような考えをお持ちでしょうか?

  • 基礎が一番大事だから、時間をかけて教えて欲しい
  • 基礎ができるからこそ、プレーが安定する
  • 基礎がしっかりできている選手は上手い

 

基礎が一番大事だと、ほとんどの保護者や指導者が言うと思いますが・・・

 

実際に聞いてみると、「基礎練習ってどんな練習ですか?」と言う選手や、「今は試合前だから基礎練習にかける時間がない」と、基礎練習をやっていないチームがいるのも事実です。

 

基礎を怠ると、簡単に崩れるチームになってしまいます。

 

今日は、基礎がどれほど大事なのか、僕の考えも合わせてお伝えしていきます。

 

バレーボールの基礎とは

基礎とは、簡単に言うと「土台」のことを言いますが、バレーボールにおける基礎は、安定したフォームと動き方だと考えています。

 

例えば、チャンスボールをとる時に、

簡単なボールだからと、動きながら腕だけで適当にいく選手と、ボールの下に早く入り、しっかりとしたフォームでセッターに返す選手とでは大きな違いがでます。

 

良いフォームやポジション取り、動き方などの基礎ができていることで、返球の質や安定感がすごく変わってきますし、ミスの少ない選手になります。

 

この基礎をしっかりと理解し、常に意識づけさせていくことが、さらなる技術向上にも繋がるし、上達スピードもUPします。

 

逆に、

  • セッターまで返ればいい
  • どんなスパイクフォームでも決まればOK
  • がむしゃらにボールを取りにいけばいい

 

などの「結果がよければいい」という考えでは、プレーは安定せず、ボールがどこに上がるかわからない、どこに飛んでいくかもわからない、次につながらない状態になってしまいます

ボールをコントロールできないフォームで、どれだけがむしゃらにボールを追いかけても、プレーの安定や技術の向上などはありません。

 

こういった選手は、なぜ基礎が必要なのかを知るところから初めていかなければいけません。

 

基礎はバレーだけではない

基礎が大切という話は、決してバレーだけではありません。

 

このブログを読んでくださっている方は女性(お母さん)が多いので、お化粧で例えてみます。

 

妻が以前、化粧品メーカーで働いていたこともあり、僕も少しだけ知識があるのですが、

お化粧をする時も、化粧下地が大切ですよね。

時間がないからといって化粧下地をせずに、どれだけ高級なファンデーションを塗り重ねても、数時間でメイクが崩れてしまうと思います。

 

先日、卒業生と「バレーの基礎」について話していた時に、妻が「メイクの基礎って何だと思う?」と尋ねると、さすがメイクアップアーティストになりたいと言うだけあって、その子は迷わずに、

「肌の保湿です!」

と答えていました。

 

肌の保湿、つまり基礎を怠ることがなければ、素肌がきれいだからファンデーションを厚く塗らなくてもいい、長時間たっても化粧が浮いてこない、紫外線からも肌を守ることができるらしいのです。

(乾燥肌の僕もよく脅されているので、毎日保湿を頑張っています。笑)

 

 

また、家を建てるにも基礎がすごく大事です。

家の土台である基礎がしっかりしていないと、台風や地震などの災害が起きた時に、脆く壊れやすい家になってしまいますよね。

 

基礎ができていないと、せっかく積み上げた物が簡単に崩れてしまいます。

 

基礎は努力だ!

基礎が大切だと言うのはわかったと思います。

ですが、わかっているのに「時間がない」という理由で、後回しにしている人が多いのも事実です。

 

例えば先ほどの、お化粧の話ですが、

時間がないからといって、基礎化粧品(化粧水や保湿美容液など)を一回だけ適当につけている人と、それでも時間を作って2回、3回と丁寧につけて、さらにはパックやマッサージまでしている人とでは、

3日4日では違いはないかもしれませんが、半年、1年、5年と経つと大きな差が出るのは言うまでもありません。

 

納期が迫っているからと、基礎工事を手抜きするのではなく、基礎にかける時間を作ること。基礎を丁寧にやること。それが後の大きな信頼にも繋がります。

 

つまり、基礎とは「努力」で積み上げるものだと思います。

 

 

バレーの基礎練習も、

試合前だからといって怠るものではなく、もうできているからと省くものでもなく、

日々、努力で積み上げるものです。

 

 

選手にとっては、「簡単」「単純」「楽しくない」と思う練習メニューが多いかもしれませんが、そうして積み上げた基礎の部分が、必ず試合の大事な場面で活かされます。

(春高バレーで勝ち上がるチームはそういったチームでしたよね?)

 

 

ですので、まずは、いろんな技術を習得していくというよりも、基礎を徹底的に身につけていくことです。

そうすればプレーも安定しますし、新しいプレーに挑戦することができます。

 

 

ぜひ、基礎を見直して、努力を積み上げましょう!

 

 

 

PS.LEADでは、毎週月曜日に基礎を中心とした「基礎クラス」を行っています。

基礎を身につけたい方は、ぜひ月曜の体験にお越しください!

↓ ↓

バレーボールスクール詳細!

https://lead-va.com/school-program/volleyball-school-lead