経験のないポジションを任された!

石川県/バレーボールクラブ/バレーボールスクール/LEAD

コーチ 竹田智貴

 

あなたは今、こうしたことで悩んでいませんか?

 

  • 急にポジションを変えられた
  • 納得いくポジションじゃない
  • 急に言われても、どうしていいかわからない

 

おそらく、ポジション変更の理由としては、「監督やコーチに言われたから」や「そのポジションが誰もいない」などの理由だと思います。

 

自分としては納得いかない。このポジションがやりたいわけではない。

このように思うこともあると思います。

 

実は僕自身もあなたと同じ、その一人でした。

ずっと続けてきた大好きなバレーを「やめたい」とまで思いました。

 

だからこそあなたにも、好きなバレーを嫌いになったり、嫌になったりしてほしくないのです!

 

そこで今日は、僕自身が、ポジション変更で大変だったこと、どう乗り越えてきたのかをお伝えしたいと思います。

 

急にセッターに!?

僕は小学校からバレーボールをしていて、今は大学で部活に入りバレーボールをしています。

 

高校までは、ウイングスパイカーやリベロなど、主に守備的なポジションが多かったです。しかし、大学ではセッターがいなくて、急遽練習することになりました。

 

セッターは経験がなく初めてで、基本も何もかもわからない状態。

それでも練習が続いていくと、トスがあがらないとスパイカーに良く思われず、チームの士気も下げてしまっていました。

 

この時思ったことが、

  • 楽しくない
  • どうしたらいいかわからない
  • やめたい

でした。

 

今まで何よりもバレーボールが好きだったのに、やめたくなるほど面白くなくなってしまいました。

 

信頼関係が克服のカギ

僕が特に意識したことは、チームメイトとの「信頼関係」です。

チームスポーツでは必ずと言っていいほど必要な武器だと思います。

 

僕が思う信頼関係というのは、「ミスをしても認めあえる関係」です。

 

ポジションが変わった時にチームメイトが、

  • 「急だから仕方がない」
  • 「あいつならきっとやってくれる」
  • 「俺らがカバーしよう」

と思ってくれることが重要です。

 

僕はそう思ってくれる仲間が多かったのでやりやすかったですが、中にはミスしたら怒る人もいると思います。

 

セッターはバレーボールにおいて司令塔とも呼ばれる重要なポジション。

それは、必ず「2本目」を触るからです。

 

スパイカーが打ちやすいトスを上げるのが役割のため、正直なところ、いいトスが上がらないと揉めることも多いです。

 

これは仕方ないことで、これがきっかけで仲が悪くならないように、コミュニケーションを多くとることが大切です。

 

 

そこで重要なのは「自分からコミュニケーションをとる」ということです。

どんな話題でも構いません。

 

「今日のテストどうだった?」
「昨日、あのテレビ見た?」
「あのゲーム、おもしろいよな!」

 

とにかく、自分から話すことを意識してみてください!

 

 

特に効果的だったのは、

「こういう攻撃したいなあ」

と、動画を共有したことです。

 

そうすることで、

  • 「俺にこうしてほしいのか」
  • 「あいつもちゃんと考えてるんだな!」

と相手は思ってくれます。

 

相手との考えも共有でき、これからどうするかの話もしやすいので、必殺技だと思います!笑

 

 

つまり、「ミスしても認めあえる関係」を築くためには、

  • コミュニケーションを欠かさないこと
  • 考えや目標を共有すること

この2つが必須であると考えます。

 

すべて自分の為になる!

急なポジション変更や、やりたいポジションができないと、プレーも思い通りいかずに「楽しくない」「やめたい」と思う時期があるかもしれません。

 

でも、他のポジションを経験することで、自分のやりたいポジションにプラスになるのは間違いない!

その経験は、必ず自分の為になります。

 

それに、頑張って練習を続けたら、「セッターの方が楽しい」とか「俺セッター向いてるかも」と思えるかもしれません。

 

僕はいろんなポジションを経験したからこそ、どのポジションの選手にも寄り添うことができると思っています。

 

参考になったら嬉しいです!

 

 

 

「もう、部活もバレーも辞めよう…」と悩んでいた子が、なぜ強豪校進学を決意するまでに成長したのか?

LEAD中学生バレーボールスクールの詳細はこちらからご覧ください。

◯中学生バレーボールスクール詳細